メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国民投票

関連キーワード

  • 国民投票(2011年07月06日 朝刊)

    国政上の重要な事項について国民が直接行う投票。ヨーロッパでは法律をつくって実施する国も多いが、アメリカには存在しない。日本国憲法は96条で憲法改正の手続きとしての国民投票を定めている。これに基づく国民投票法が2007年に成立し、昨年5月に施行されたが、改憲以外の事項に関する国民投票の定めはない。

  • 国民投票(2017年05月31日 朝刊)

    憲法96条が規定する改憲に必要な手続きを定め、第1次安倍政権の2007年に成立した。衆院100人以上、参院50人以上の賛成で発議された改正原案を両院の憲法審査会で審査し、各本会議で総議員の3分の2以上の賛成により改正案を発議。国民投票で有効投票の過半数が賛成すれば承認される。自由な意見表明のため規制は最小限で、通常の選挙では禁じられている戸別訪問や署名運動もできる。

  • 国民投票法による改憲手続き(2010年05月19日 朝刊)

    憲法改正原案に対し、衆参各院の総議員の3分の2以上が賛成すれば、国会が改憲案を発議し、60〜180日以内の日程で投票日を決める。改憲案の内容などを知らせる「広報周知」と、賛成や反対を呼びかける「国民投票運動」を経て投票され、賛成票が有効投票総数の過半数の場合、憲法改正の公布手続きがとられる。制度上は18歳以上が投票できることになっているが、民法の成年年齢や公職選挙法の選挙権年齢が20歳以上のままの間は、20歳以上しか投票できない。

最新ニュース

写真・図版

同じ国なのにモノが届かない 離脱が呼んだ脱英国の機運(2021/4/11)有料会員記事

■誤算 EU離脱後の英国(下) 英国の一部をなす北アイルランドに、年明けからモノが届きにくくなった。原因は、英ジョンソン政権が欧州連合(EU)からの離脱を完遂するために講じた「最後の一手」にある。犠牲…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】主演・若葉竜也に聞く 

    映画『街の上で』

  • 写真

    【&TRAVEL】「里沼」とツツジのまち館林

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&M】ジュジャーロがデザイン

    3人乗りのスポーツMPV

  • 写真

    【&w】手で話す人々とともに生きる

    いま会いたい! イギル・ボラ

  • 写真

    好書好日不要なランドセルを海外へ

    アフガニスタンに届けて17年

  • 写真

    論座困窮世帯の尊厳を回復する

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン編集長の見立て #42

    改めて見直すゴルフの魅力

  • 写真

    Aging Gracefullyミドルエイジ世代の女性たち

    体調の変化との向き合い方

  • 写真

    GLOBE+わきえまる障害者はイヤ

    伊是名夏子さんが声上げた理由

  • 写真

    sippo外からのぞいていた猫に

    「鍋でも食うか」と誘った

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ