メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国民投票

関連キーワード

  • 国民投票(2011年07月06日 朝刊)

    国政上の重要な事項について国民が直接行う投票。ヨーロッパでは法律をつくって実施する国も多いが、アメリカには存在しない。日本国憲法は96条で憲法改正の手続きとしての国民投票を定めている。これに基づく国民投票法が2007年に成立し、昨年5月に施行されたが、改憲以外の事項に関する国民投票の定めはない。

  • 国民投票(2017年05月31日 朝刊)

    憲法96条が規定する改憲に必要な手続きを定め、第1次安倍政権の2007年に成立した。衆院100人以上、参院50人以上の賛成で発議された改正原案を両院の憲法審査会で審査し、各本会議で総議員の3分の2以上の賛成により改正案を発議。国民投票で有効投票の過半数が賛成すれば承認される。自由な意見表明のため規制は最小限で、通常の選挙では禁じられている戸別訪問や署名運動もできる。

  • 国民投票法による改憲手続き(2010年05月19日 朝刊)

    憲法改正原案に対し、衆参各院の総議員の3分の2以上が賛成すれば、国会が改憲案を発議し、60〜180日以内の日程で投票日を決める。改憲案の内容などを知らせる「広報周知」と、賛成や反対を呼びかける「国民投票運動」を経て投票され、賛成票が有効投票総数の過半数の場合、憲法改正の公布手続きがとられる。制度上は18歳以上が投票できることになっているが、民法の成年年齢や公職選挙法の選挙権年齢が20歳以上のままの間は、20歳以上しか投票できない。

最新ニュース

改憲「必ずや私の手で」 「信問うべき時、躊躇せず」 首相一問一答(2019/12/10)有料記事

 安倍晋三首相は9日、臨時国会の閉会を受け、記者会見した。主な質疑は次の通り。▼1面参照 【桜を見る会】 ――野党は批判を強めているが反省点は。(招待者)名簿のデータなどを探し出すよう自ら内閣府に指示…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】野村佐紀子が写す境界線

    写真展 “GO WEST”

  • 写真

    【&TRAVEL】『この世界の片隅に』新作

    劇場鑑賞券プレゼント

  • 写真

    【&M】“非常識”シューズ「DADA」

    爆笑と脱帽が同居する一足

  • 写真

    【&w】「本日のケーキ」はお楽しみ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日「講談」の面白さ伝える絵本

    人気の神田松之丞さんが監修

  • 写真

    論座最強棋士引退とAI研究

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンペッレ モルビダの限定品

    クロコダイル4モデル登場

  • 写真

    T JAPAN実はかわいい!?「木彫り熊」

    編集者・安藤夏樹さんの蒐集品

  • 写真

    GLOBE+動画の歴史を3分で紹介

    人はなぜ動画に魅了されるのか

  • 写真

    sippo犬猫の保護29年続ける団体

    大阪のアークを訪ねた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ