メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国立国会図書館

関連キーワード

  • 国立国会図書館(2015年07月06日 朝刊)

    1948年開館。現在は東京本館、関西館、国際子ども図書館の3館からなる。蔵書数は図書、新聞、雑誌など3館合計で約4029万点。国内で発行された出版物の保存、閲覧サービスのほか、国会からの依頼を受けて立法に関する調査や情報提供もしている。一般の館内見学も随時受け付けている。

  • 国立国会図書館(2016年02月19日 夕刊)

  • デジタルアーカイブ(2010年03月10日 夕刊)

    有形・無形の文化遺産などをデジタル処理し、分類・整理して保存した記録。収蔵行為をする施設や機関も指す。国立国会図書館は昨年127億円の補正予算がついて作業を本格化させた。明治〜大正期の刊行物約15万6千冊を「近代デジタルライブラリー」としてインターネット上で公開するなどしている。龍谷大はシルクロードの資料や映画監督の黒澤明(故人)ゆかりの資料を公開している。東京大は大久保利通を生んだ鹿児島県の大久保家に残る古写真約2千枚を複写した。

最新ニュース

「自由に本を」読書バリアフリー法案、超党派で提出へ(2019/5/22)有料記事

 視覚や上肢の障害、発達障害などがある人の読書環境を整えようと、超党派の国会議員が今国会に「読書バリアフリー法案」を提出する見通しになった。 18カ条からなり、「障害の有無にかかわらず全ての国民が等し…[続きを読む]

国立国会図書館をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ