メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国立感染症研究所

関連キーワード

  • 施設の可能性検討(2011年02月07日 朝刊)

    長崎大学は昨年5月、「高度安全実験(BSL4)施設を設置する可能性について考え始めている」とした学長声明を発表。意義や目的、地域との話し合いなどを期限を切らずに検討するため、学内に外部有識者を入れたワーキンググループを設置した。同年7月に初会合を開き、市民向けの公開講座なども開いている。BSL4施設は国立感染症研究所(東京都武蔵村山市)に建設されているが、地元自治体や住民の合意が得られず、現在稼働していない。

  • インフルエンザ(2009年01月22日 朝刊)

    インフルエンザウイルスへの感染で発症する。通常の風邪と違い、頭痛や関節痛などの全身症状や38度以上の高熱を伴うことが多い。肺炎などを併発して重症化するケースや、子どもが急性脳症で死亡することがある。ウイルスは主に「A香港型」「Aソ連型」「B型」の3種類。国立感染症研究所感染症情報センターによると、症状や治療法は同じ。今季はA香港型が半数、Aソ連型が約3割を占めている。

  • インフルエンザの定点調査(2009年09月22日 朝刊)

    国立感染症研究所の調査。全国約5千の医療機関で、1週間に受診した1医療機関当たりの患者数で流行状況を判断する。10人を超えると注意報が出る。流行発生前ならば大きな流行の可能性を、発生後なら流行継続の可能性を示す。30人を超えると警報になり、大きな流行が発生または継続しつつあることを示す。同研究所感染症情報センターのホームページ(http://idsc.nih.go.jp/index−j.html)の「インフルエンザ流行レベルマップ」で見られる。

最新ニュース

写真・図版

地域の感染状況、クラスター見えにくく 全数把握見直しの影響は(2022/9/26)

 新型コロナウイルス感染者の「全数把握」の簡略化が26日、全国一律で導入された。感染者数の把握は続くものの、若い世代や軽症者などは発生届の対象外となる。発生届にあったデータが得られなくなることで、感染…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】街にとけこむ山梨の隠れ家

    このパンがすごい!

  • 写真

    【&Travel】湘南の海を望む二つの無人駅

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&Travel】移住者との交流、神々しい海

    楽園ビーチ探訪・小笠原後編

  • 写真

    【&M】戸次重幸さんインタビュー

    “かっこ悪いかっこよさ”とは

  • 写真

    【&w】がんの研究を続ける私に

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日お金の危機管理を学べる快作

    原田ひ香さん「財布は踊る」

  • 写真

    論座個人の葬式と国葬は別だ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンヒョンビン×ロロ・ピアーナ

    2022年秋冬コレクション!

  • 写真

    Aging Gracefully多様化する日本の女性たち

    家族の形も働き方もさまざま

  • 写真

    GLOBE+大統領を思想で支える人物

    ドゥーギン親子以外にも

  • 写真

    sippo「優しい亡くなり方だった」 

    愛犬と愛猫を見送って

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ