メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国立環境研究所

関連キーワード

  • 銀河の森天文台(2011年07月04日 朝刊)

    正式名称は「りくべつ宇宙地球科学館」。町が総事業費約7億円で建設。反射望遠鏡は開館当時、一般公開型の天文台としては国内最大(現在5番目)だった。総合観測室には名大太陽地球環境研究所と国立環境研究所の観測拠点を併設し、成層圏・対流圏の大気、オーロラなどの観測・研究をしている。開館時間は午後2時〜同10時半で、月・火曜日休館。入館料は昼間が大人300円、子ども200円。午後6時以降は大人500円、子ども300円。問い合わせは同天文台(0156・27・8100)へ。

最新ニュース

写真・図版

福島)環境都市めざし連携協定 国立環境研究所と郡山市(2019/2/7)

 気候変動に適応した暮らしと産業の実現を図ろうと郡山市は5日、国立環境研究所(茨城県つくば市)と連携協力に関する協定を結んだ。互いの情報や資源、研究を活用することで、人材育成や研究成果を地域に還元して…[続きを読む]

PR情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】大自然とアートを楽しむ

    大自然とアートを楽しむ

  • 写真

    【&TRAVEL】平成は馴染めないまま終わる

    連載エッセー「いつかの旅」

  • 写真

    【&M】写真家 チャド・ムーア

    揺れる感情と愛を撮る

  • 写真

    【&w】おやつ好き将棋棋士の別腹は

    オトコの別腹

  • 写真

    好書好日女性たちの本音を怪談に託す

    ブレイク中の著者の新刊

  • 写真

    WEBRONZA準強かん、無罪判決の非常識

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま、ワードローブが変わる

    #3ブルネロ クチネリ

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第38回

  • 写真

    GLOBE+メディア報道から消えた国

    白戸圭一さんアフリカ連載

  • 写真

    sippo片目を失った子猫

    幸せ願い「みちる」と命名

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ