メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国立病院機構

関連キーワード

  • 総合周産期母子医療センター(2009年03月26日 朝刊)

    重い妊娠中毒症や切迫早産、脳出血など危険性の高い妊婦と新生児に24時間態勢で対応するため、都道府県が指定する施設。新生児集中治療管理室(NICU)や母体・胎児集中治療管理室(MFICU)を備え、常に2人以上の産科医がいることが望ましいとされている。都内には愛育病院以外に8カ所。昨年8月現在で全国に75カ所あり、大学病院と公立・国立病院機構がそれぞれ4割、民間病院が2割。大学病院は医師を集めやすいとの指摘がある一方、医師不足の状況は地域や施設によって事情が異なる。

  • 県南西部4市域の小児救急医療態勢(2012年01月20日 朝刊)

    志木市立市民病院の入院診療が休止になると、2次救急機関は現在、週2回の受け入れにとどまっている国立病院機構埼玉病永和光市)だけ。元々、隣接する東京都内への依存度が高い地域だが、都立清瀬小児病院が10年2月に閉隠3月末には日大付属練馬光が丘病院も閉院予定で、態勢の整備が喫緊の課題になっている。

  • 中丹地域医療再生計画(2015年01月31日 朝刊)

    舞鶴、福知山、綾部3市の中丹医療圏を対象に府が2010年1月に策定。このうち舞鶴市では、当初は舞鶴共済病院を除く3病院で基幹病院をつくることを柱としていたが、12年3月に変更。同市の公的4病院では、国立病院機構舞鶴医療センターが脳卒中センターと周産期サブセンター▽舞鶴共済病院が循環器センター▽舞鶴赤十字病院がリハビリテーションセンターとしてそれぞれ機能強化を図り、市民病院は療養型に特化した病院になるとしている。計画に基づき、国から交付された再生基金約23億円などで、各病院が新病棟などを建設している。

最新ニュース

ファイルメーカー株式会社:ファイルメーカー、FileMaker Cloudの導入事例を発表(2018/7/19)

ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は本日、独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター(大阪府大阪市)における FileMaker プラットフォームの導入事例を発表しました。同センターでは、…[続きを読む]

!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホの音は物足りない!

    お手頃価格のハイレゾ機

  • 写真

    【&TRAVEL】マグロも堪能、不老ふ死温泉

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】日本のアートは遅れてる?

    Chim↑Pomの過激な展示会

  • 写真

    【&w】基本レシピをマスターしたら

    フムスのアレンジレシピ

  • 写真

    好書好日漫画版「人間失格」が完結

    ホラーの鬼才・伊藤潤二さん

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本舞香、演技への可能性

    人との出会いが世界を変える

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第23回

  • 写真

    GLOBE+子どもの学校どうしよう

    子連れで特派員@ベトナム

  • 写真

    sippo自販機の陰に住みついた老猫

    放っておけず家に迎え入れた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ