メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国立病院機構

関連キーワード

  • 国立病院機構八雲病院(2020年07月14日 朝刊)

    筋ジストロフィーと、重い身体障害と知的障害を併発する「重症心身障害」の専門病隠6月30日現在、計194人の患者が入院している。9月1日、北海道医療センターと函館病永函館市)に機能を移転し、両病院など3カ所に患者を移す。患者の移送は、民間救急車や福祉車両延べ123台を使い、8月18日からを予定している。一部の患者家族や職員が、新型コロナウイルス感染症の収束まで移転延期を求めている。

  • 総合周産期母子医療センター(2009年03月26日 朝刊)

    重い妊娠中毒症や切迫早産、脳出血など危険性の高い妊婦と新生児に24時間態勢で対応するため、都道府県が指定する施設。新生児集中治療管理室(NICU)や母体・胎児集中治療管理室(MFICU)を備え、常に2人以上の産科医がいることが望ましいとされている。都内には愛育病院以外に8カ所。昨年8月現在で全国に75カ所あり、大学病院と公立・国立病院機構がそれぞれ4割、民間病院が2割。大学病院は医師を集めやすいとの指摘がある一方、医師不足の状況は地域や施設によって事情が異なる。

  • 県南西部4市域の小児救急医療態勢(2012年01月20日 朝刊)

    志木市立市民病院の入院診療が休止になると、2次救急機関は現在、週2回の受け入れにとどまっている国立病院機構埼玉病永和光市)だけ。元々、隣接する東京都内への依存度が高い地域だが、都立清瀬小児病院が10年2月に閉隠3月末には日大付属練馬光が丘病院も閉院予定で、態勢の整備が喫緊の課題になっている。

最新ニュース

写真・図版

難病患者移送のタクシー事前契約、水害にも対象拡大へ(2020/10/29)

 停電を伴う大規模な地震発生時、在宅で人工呼吸器を使っている患者をタクシーが医療機関まで送る仕組みが山形県内にはある。3カ月前の豪雨災害でも患者の移送が想定されるケースがあった。ただ水害時の移送を想定…[続きを読む]

国立病院機構をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&w】わくわくする毎日をつくるもの

    ほんやのほん

  • 写真

    【&TRAVEL】今度は堂々とした立ち姿

    永瀬正敏が撮った台湾

  • 写真

    【&M】内戦の古傷を癒やすカレー

    忘れ得ぬタミルの人々と食事

  • 写真

    【&w】叔母から受け継いだ、ピエロギ

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日生きやすい街求めドイツ移住

    香山哲「ベルリンうわの空」

  • 写真

    論座菅首相の所信表明演説を読む

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオシャレとしてのジャージ

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    T JAPANレシピが伝える新しい生き方

    長尾智子の卵料理

  • 写真

    GLOBE+ナイル川は豊かなのか?

    釣り人的な視点で眺めてみた

  • 写真

    sippoこわもてだけど優しい犬

    散歩道で見つけた子猫と親友に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ