メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国籍法

関連キーワード

  • 国籍法違憲訴訟(2008年07月09日 朝刊)

    外国人女性が未婚のまま日本人男性の子どもを生む場合、国籍法3条1項は、父親が胎児認知していれば子どもの日本国籍取得を認める。しかし、生後認知の場合は認めていない。この規定について、最高裁大法廷は6月4日、「日本国籍を取るうえで著しく不利益な差別的な取り扱いが生まれており、憲法が定める法の下の平等に違反する」と述べ、生後認知でも国籍を認めるべきだとの判断を示した。外国人登録者数が2万人超で県内最多の千葉市の場合、「出生前認知」は少なく、03年から5年間で57件。判決後、市には「出生後の認知だが日本国籍を取れるのか」などの相談が入り始めている。国籍を取得するには法務局に国籍取得証明書の申請をすることが必要だが、審査は保留状態になっている。法務省は法改正まで待つか、待たずに認めるかを検討中という。

  • JFC(2017年02月03日 夕刊)

    フィリピン人の母親の多くは1980〜90年代、歌手やダンサー向けの興行ビザで来日。実際には接客業で働かされることが多く、2005年以降ビザの発給は激減した。日本人男性との間の子を未婚のまま出産したり離婚したりした後、フィリピンで育てていた女性が多かった。法務省によると、08年の国籍法改正で09〜15年に約4100人が日本国籍を取った。

最新ニュース

写真・図版

(ひと)仲晃生さん 国籍法規定の違憲訴訟を担う弁護士(2019/4/17)有料会員限定記事

 日本人でも外国籍を取ったら日本国籍を失う――。国籍法11条1項のこの規定は、国民の幸福追求権などを定めた憲法に反するとして昨年、欧州在住の日本人らが東京地裁に起こした訴訟の弁護団事務局長を務める。「…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ