メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国連安全保障理事会

関連キーワード

  • 国連安全保障理事会(2020年05月10日 朝刊)

    国連憲章で「国際の平和と安全の維持」に責任を負うと定められ、国連加盟国を拘束する決定ができる唯一の機関。米国、英国、フランス、ロシア、中国の5常任理事国と非常任理事国10カ国(任期2年)で構成。紛争の解決要請など重要な決議が採択されるには、常任理事国が拒否権を行使せず、9カ国以上が賛成することが必要。

  • ぜいたく品の禁輸措置(2009年06月09日 朝刊)

    北朝鮮が06年10月に初めて核実験を強行した後、国連安全保障理事会が採択した制裁決議を受けた日本政府の措置。外為法に基づく「輸出貿易管理令」で、牛肉、キャビア、香水、乗用車、毛皮製品、貴金属、楽器、美術品など計24品目のぜいたく品について、経産相の承認を得ずに輸出することを禁じた。違反すれば、3年以下の懲役や100万円以下の罰金などを科すと定めている。

  • パンナム機爆破事件(2009年08月24日 朝刊)

    88年12月、フランクフルト発ニューヨーク行きの米パンアメリカン航空機が、スコットランド上空で爆発、乗客乗員と地上の住民の計270人が死亡した。米英はリビア人2人を容疑者と断定。国連安全保障理事会が容疑者引き渡しを求める決議を採択したが、リビアは拒否した。99年にリビアが容疑者引き渡しに応じ、スコットランド法廷で01年、アルメグラヒ被告に終身刑(もう1人は無罪)が言い渡された。

最新ニュース

中国向け施設襲撃 警備員3人殺害 ミャンマー(2021/5/8)会員記事

 クーデターで国軍が権力を握ったミャンマーの第2の都市マンダレーで5日、中国に天然資源を送るパイプラインの警備員3人が何者かに襲われ、殺害された。クーデター以降、国軍と関係が近いとされる中国への反発が…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】山のチーズとシュナップス

    国境越えハイキングで堪能

  • 写真

    【&TRAVEL】自由を取り戻しに湘南へ

    宇賀なつみがつづる旅

  • 写真

    【&M】「イエローカンパニー」

    スパイス感強めのスープカレー

  • 写真

    【&w】誕生日はアメリカから洋服を

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日山尾悠子の幻想文学に感嘆

    朝宮運河さんが魅力を解説

  • 写真

    論座ワクチン接種か東京五輪か

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン自己肯定感を高める美容

    自信がみなぎるボディーケア

  • 写真

    Aging Gracefully今ほしいのは「おうち映え」

    おうち時間をもっと楽しむ方法

  • 写真

    GLOBE+わきえまる障害者はイヤ

    伊是名夏子さんが声上げた理由

  • 写真

    sippo保護犬の預かりボランティア

    留守番、時間のやりくりのコツ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ