メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国連憲章

関連キーワード

  • 国連憲章第7章(2013年09月28日 朝刊)

    国連安保理が平和への脅威や破壊、侵略行為を認めた時に取れる行動を定める。経済制裁などの非軍事的措置や、平和的手段が尽くされた場合の軍事的措置を認める。

  • 国連安保理決議と議長声明(2009年05月26日 夕刊)

    国連安保理は、北朝鮮による06年7月のテポドン2など7発のミサイル発射に対し決議1695を、同年10月の核実験実施には決議1718をいずれも全会一致で採択した。決議1718は国連憲章第7章に基づく法的拘束力を持つ。一方、今年4月のミサイル発射に対しては、人工衛星かミサイルかにかかわらずミサイル関連活動の停止を求めた過去の決議に違反したとして北朝鮮を非難する議長声明を採択した。

  • 武力行使の背景(2011年03月21日 朝刊)

    国連憲章第7章は、安全保障理事会が平和への脅威や平和の破壊、侵略行為を認めた場合、武力行使を含む強制措置をとることができると定めている。リビア問題で17日に採択された安保理決議は、この条項を発動し、政府軍の空爆から市民を守るため、地上軍の侵攻を除く「必要なすべての措置」をとることを加盟国に認め、具体的には飛行禁止空域を順守させる措置を講じる権限を与えている。

最新ニュース

写真・図版

北朝鮮大使、米による貨物船差し押さえを「非道な行為」(2019/5/22)有料記事

 国連安全保障理事会の決議に違反し石炭を輸送したとして米国が北朝鮮の貨物船を差し押さえたことを受け、北朝鮮国連代表部の金星(キムソン)大使は21日午前(日本時間同日深夜)、ニューヨークの国連本部で会見…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ