メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国鉄民営化

関連キーワード

  • 0系(2008年11月17日 夕刊)

    64年10月の東海道新幹線の開業にあわせて、当時世界最速の時速210キロでデビュー。86年までに3216両が製造され、87年の国鉄民営化後はJR東海が1346両、JR西が722両を所有。老朽化などで、まず99年に東海道区間(東京—新大阪)での運行を休止。現在は、6両3編成が山陽区間(新大阪—博多)で「こだま」として平日1日10本走る。引退後はすべて廃車となる。

  • 高千穂鉄道(2011年06月12日 朝刊)

    宮崎県の延岡駅を始発に1935年に開業し、72年に高千穂駅まで延伸した。国鉄民営化後の89年、県や沿線自治体が出資する第三セクターが営業を引き継いだ。2005年の台風被害で鉄橋が二つ流されるなどして全線が運休。住民らが運転再開を求めたが、08年12月に全線廃線が確定した。

  • JR九州の株式上場(2015年12月03日 朝刊)

    6月に改正JR会社法が成立し、来秋の東証1部上場を目指している。鉄道・運輸機構が持つ株式はすべて売却される。一方、かつての国鉄民営化で国から渡された経営安定基金(3877億円)は返還しないことが決まり、税優遇の継続も固まった。足もとの決算では売上高や純利益は過去最高だが、駅ビルやマンションで稼ぐ構造で、鉄道事業は赤字が続く。

最新ニュース

写真・図版

ローカル線収支公表 県内4路線5区間赤字 利用客不安の声(2022/7/29)

 JR東日本が28日に収支を公表した利用者の減少が進む地方路線に、宮城県内では陸羽東線など4路線5区間が含まれた。JR東は公表を機に鉄路のあり方について沿線自治体と協議を進めたい考えだ。沿線自治体や利…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】美しい東京をゆく

    サステイナブルな旅<PR>

  • 写真

    【&w】夏の海の景色、大切な場所

    知花くらら、海辺の暮らし

  • 写真

    【&TRAVEL】街じゅうがフォトスポット!

    世界の街へ バージニア州

  • 写真

    【&M】変わりゆく「紳士」の定義

    Lorenzo STYLE

  • 写真

    【&w】大地に懸ける農家の物語

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日「普通の家族」を求める怖さ

    漫画家やまもとりえが新作

  • 写真

    論座院内学級の希望と課題

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンたき火で作るラタトゥイユ

    山小屋おやじ・シゲさんの一品

  • 写真

    Aging Gracefully板谷由夏さんインタビュー

    “手放すことの楽しさ”とは

  • 写真

    GLOBE+アグネス・チャンが見た

    母子家庭を支える支援のかたち

  • 写真

    sippo天から与えられたプレゼント

    白猫は音のない世界を生きる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ