メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国際交流基金

関連キーワード

  • 鎮魂の巡礼(2012年04月20日 朝刊)

    公演は国際交流基金の主催。創作和太鼓の鬼太鼓座らプロミュージシャンによる音楽を通じた国際交流に、湧水神楽、黒森神楽(ともに宮古市)、臼澤鹿子踊(大槌町)が加わった。2月29日に出発し、3月27日に帰国するまで、アメリカ、フランス、中国の8都市で11公演した。

  • アーティスト・イン・レジデンス(2013年08月29日 朝刊)

    国内外から芸術家を一定期間招き、滞在中の創作活動を支援する取り組み。日本では1990年代から広がったとされる。国際交流基金が運営するウェブサイト「AIR_J(エアージェイ)」で国内46カ所の活動が紹介されている。同基金によると、国内外で増加傾向にあるが、個人での運営はまだ少ないという。府内では南山城村の「AIR南山城村」や、京都芸術センター(中京区)で取り組みが始まっている。

  • Noism(ノイズム)(2017年03月19日 朝刊)

    名前の由来は「no・ism」で「主義を持たない主義」から。芸術監督の金森穣、金森の妻で副芸術監督の井関佐和子、Noism2専属振付家兼リハーサル監督の山田勇気と、プロの舞踊家集団「Noism1」(8人)、「1」に帯同する「Noism1準メンバー」(2人)、研修生集団「Noism2」(8人)で構成される。昨春、2019年8月末までの活動期間延長が決定。今月末から4月上旬にかけて国際交流基金の主催事業としてルーマニア公演を予定。

最新ニュース

埼玉国際サッカーフェスティバル2019を開催します(2019/2/14)

リリース発行企業:埼玉県県民生活部スポーツ振興課ー世界の強豪が埼玉に!ー 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のレガシー創出に向け、サッカーを通じて競技力の向上と国際交流を深めることを目指…[続きを読む]

国際交流基金をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】充電不要のスマートウォッチ

    体温で発電! 非常時に超便利

  • 写真

    【&TRAVEL】アフリカで飼っていた犬たち

    連載エッセー「いつかの旅」

  • 写真

    【&M】玉木宏の“理想の男性像”

    何事も素直に受け入れる人に

  • 写真

    【&w】追悼カール・ラガーフェルド

    写真でたどる「皇帝」の足跡

  • 写真

    好書好日「女優になるなら本を読め」

    大原櫻子さん、父からの言葉

  • 写真

    WEBRONZAクリーンエネルギーで遅れ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界一高い場所にあるホテル

    ザ・リッツ・カールトン香港

  • 写真

    T JAPAN連載・私的な旅遺産 第3回

    ブータン王国、早春の憧景

  • 写真

    GLOBE+女の子がサッカーなんて

    ……の声を乗り越えた難民たち

  • 写真

    sippo愛犬にオンリーワンの服

    型紙付きで紹介する本

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ