メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国際宇宙ステーション(ISS)

国際宇宙ステーション(ISS)

国際宇宙ステーション=NASA提供

  

ISS内の若田さん

国際宇宙ステーション(ISS)とは

地上から約400km上空に建設された巨大な有人実験施設。1周約90分のスピードで地球の周りを回りながら、実験・研究、地球や天体の観測などを行っている。2000年11月2日から宇宙飛行士が滞在を開始し、現在は約6ヶ月ごとに交代している。宇宙環境での科学実験やISSの保守作業などを行っている。(JAXAのHPより)

ISSの中はどうなっているの?

若田光一・宇宙飛行士の国際宇宙ステーションでの生活ぶりをフォトギャラリーで紹介します。(写真はいずれもJAXA/NASA提供、日時は日本時間)

国際宇宙ステーション

日本実験棟「きぼう」=宇宙機構、NASA提供

日本実験棟「きぼう」

国際宇宙ステーション(ISS)の施設の一部。日本初の有人宇宙施設で、飛行士がさまざまな実験をする「船内実験室」、実験資材などを収納する「船内保管室」、宇宙空間での「船外実験プラットホーム」などからなり、最大4人が働ける。総開発費は約3440億円。

国際宇宙ステーションの歴史

国際宇宙ステーション

(1998年11月21日朝刊)2004年の完成をめざして、日米ロ欧とカナダなどが共同で建設する国際宇宙ステーションの最初の部品(モジュール)が20日午前11時40分(日本時間同日午後3時40分)、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からロシア製のプロトンロケットで打ち上げられた。約10分後、高度約360キロの軌道に入り、その5分後に太陽電池パネルを広げることに成功、21世紀に宇宙空間で繰り広げられる国際協力の舞台づくりに一歩踏み出した。

国際宇宙ステーション

(2001年6月20日朝刊)国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の船内実験室の製造が、愛知県飛島村の三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所で着々と進んでいる=写真。国際宇宙ステーションの一部で、人が乗る施設としては日本で初めて。宇宙開発事業団が04年にスペースシャトルで打ち上げ、06年から10年間利用される予定だ。アルミ合金製で、外径4・4、内径4・2、長さ11・2メートルの円筒形。

国際宇宙ステーション

(2005年7月29日朝刊)飛行3日目を迎えたスペースシャトル・ディスカバリーは、米東部時間28日午前7時18分(日本時間同日午後8時18分)、国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした。8月5日に離れるまで、日本人飛行士の野口聡一さんらによる3回の船外活動(宇宙遊泳)などが実施される。野口さんはドッキング後、アイリーン・コリンズ船長に続いて2番目にISSへ移った。

国際宇宙ステーション

(2008年3月12日朝刊)米航空宇宙局(NASA)は米東部夏時間11日午前2時28分(日本時間11日午後3時28分)、スペースシャトル・エンデバーを打ち上げた。土井隆雄宇宙飛行士(53)ら7人が乗り組み、日本初の有人宇宙施設「きぼう」の最初の部品を国際宇宙ステーション(ISS)に運ぶ。日本の宇宙開発は新たな段階に入る。エンデバーは夜空にオレンジ色の火炎を放ちながら上昇し、約40分後に予定の軌道に入った。

国際宇宙ステーション

(2009年7月20日朝刊)国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に日本時間19日午前11時23分、最後に接続が残っていた船外実験施設が取りつけられ、日本初の有人宇宙施設として完成した。ISS計画は1984年に米レーガン大統領(当時)が呼びかけ、日本は翌年に参加を決めた。きぼう完成までの24年で約7600億円がかかった。

国際宇宙ステーション

(2014年5月14日夕刊)日本人で初めて国際宇宙ステーション(ISS)の船長となった若田光一さん(50)らを乗せたロシア宇宙船ソユーズが日本時間14日午前10時58分ごろ、中央アジア・カザフスタンの草原地帯に無事帰還した。宇宙での滞在は188日となり、一度の飛行では日本人で最長を記録した。ソユーズから出て抱えられながら椅子に座った若田さんは、笑顔で手を振り、迎えた救援部隊に「ありがとう」と話した。…… [続きを読む]

最新ニュース

写真・図版

宇宙トイレ、モンゴルの草原でも対応 「宇宙コース」新設高校で講座(2022/5/13)

 2024年度に「宇宙探究コース」が新設される和歌山県立串本古座高校(串本町串本)で11日、初めての「宇宙講座」が開かれ、1年生約50人が学んだ。 全国で初めて公立高校で宇宙専門のコースを設置する同校…[続きを読む]

関連キーワード

  • 国際宇宙ステーション(ISS)(2014年07月31日 朝刊)

    1984年、レーガン米大統領が提唱し日本、米国、欧州、カナダが参加して開発が始まった。その後、ロシアも加わり、現在は15カ国が参加。00年から宇宙飛行士が常時滞在を始め、11年に完成した。今年1月、米国が20年以降、4年間の運用延長を打ち出していた。

  • 国際宇宙ステーション(ISS)(2018年01月01日 朝刊)

    地上から約400キロ上空の宇宙空間に建設された有人実験施設。米国やロシアなど計15カ国が協力して運用。サッカー場とほぼ同じ大きさで、約90分で地球を1周しながら、実験や研究、天体観測をしている。日米欧がそれぞれ実験棟を運営し、日本は「きぼう」を開発した。*宙(そら)へ

  • 国際宇宙ステーション(ISS)(2018年01月01日 朝刊)

    地上から約400キロ上空の宇宙空間に建設された有人実験施設。米国やロシアなど計15カ国が協力して運用。サッカー場とほぼ同じ大きさで、約90分で地球を1周しながら、実験や研究、天体観測をしている。日米欧がそれぞれ実験棟を運営し、日本は「きぼう」を開発した。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】部長の手帳は会議でびっしり

    「アリバイ会議」の弊害

  • 写真

    【&Travel】民芸とタイ料理のコラボ店

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&Travel】寿司屋のロールケーキ?

    千葉・銚子の旅

  • 写真

    【&M】広島電鉄のシートやつり革

    内装に使用したバンコン

  • 写真

    【&w】母となべちゃんの友情に

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日「チェリまほ」で萌え語り!

    「BLことはじめ」筆者が語る

  • 写真

    論座「PTA地獄」からの脱出法

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン編集長の見立て #55

    スーツの購入の新常識

  • 写真

    Aging Gracefully韓流上品美人顔に

    素材をいかしたメイク

  • 写真

    GLOBE+金正恩氏からアパート

    自ら伝えた名物アナウンサー

  • 写真

    sippo添い寝に夜ばい?恋する老犬

    しかしすぐに別れが訪れた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ