メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国際自然保護連合

関連キーワード

  • 世界遺産(2017年07月10日 朝刊)

    1972年の世界遺産条約に基づき、各国政府の推薦の中から、諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)や国際自然保護連合(IUCN)の調査・勧告を経て、21カ国でつくる世界遺産委員会が年1回、「顕著な普遍的価値」や「真正性」、保全措置などの観点から登録の可否を決める。世界遺産の総数は1052件(昨年7月現在)。

  • アムールトラ(2015年04月02日 朝刊)

    主にアムール川以南のロシア極東から中国東北部にかけて生息。オスの全長は3メートル前後になる。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで、絶滅の危険性が高い「絶滅危惧種」に指定されている。19世紀前半に約千頭がいたが、1940年代に40頭程度にまで減少。2005年の大規模調査では450頭前後になったとみられ、今回は600頭を期待する声もある。

  • マイマイガ(2009年07月16日 朝刊)

    日本をはじめロシア、中国、朝鮮半島、欧州、北米などに分布。幼虫はサクラやリンゴ、カシやハンノキ、ニレなど100種以上の木の葉を食べる森林害虫。年1回発生し、卵で越冬。成虫の活動時期は6〜9月。しばしば大発生して山林や果樹園に被害を与える。「国際自然保護連合」(IUCN)は01年に「世界の外来侵入種ワースト100」に選んだ。

最新ニュース

写真・図版

ジュゴンの死、タイで相次ぐ 今年既に15頭、網に絡まるケース多く(2019/7/20)有料記事

 絶滅が心配されているジュゴンの死骸がタイ南部の海岸で相次いで見つかっている。今年は14日までに15頭分が見つかり、例年の2倍のペースだ。沿岸漁業の拡大で網に絡まり、窒息死するケースが目立つと専門家は…[続きを読む]

国際自然保護連合をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】桃とチーズのクランペット

    細川亜衣さんの『果実』レシピ

  • 写真

    【&TRAVEL】夏休みに行きたいオススメ城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】スライドアウトって何?

    キャンプ車の室内を広げる方法

  • 写真

    【&w】夏休み公開映画鑑賞券あたる

    インド発の恋愛映画鑑賞券

  • 写真

    好書好日とろふわなウナギのオムレツ

    小説の料理を動画で楽しむ

  • 写真

    論座縄文人ゲノムを高精度解読

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン英国式スーツの魅力に迫る!

    着こなすポイントとは?

  • 写真

    T JAPANレストランの新トレンドを考察

    「世界のベストレストラン50」

  • 写真

    GLOBE+順位付け、動物の性か

    ニワトリの強烈なタテ社会

  • 写真

    sippoボスは女子に甘い猫アーサー

    犬猫5匹のワンニャンハウス

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ