メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国際通貨基金

関連キーワード

  • 国際通貨基金(IMF)・世界銀行の年次総会(2012年10月08日 朝刊)

    IMFと世界銀行が毎年秋に合同で開く。各国の財務相と中央銀行総裁のほか、金融関係者ら民間人も集まり、大小約200の会議が開催。公式参加者は約1万人、非公式を含めると約2万人とされる。日本開催は1964年以来48年ぶり2度目。主会場は東京国際フォーラムと帝国ホテル(いずれも千代田区)。関連イベントはホテルオークラ東京(港区)でも開かれる。14日まで。

  • アジア通貨危機(2008年11月04日 朝刊)

    97年にタイ通貨バーツが急落して変動相場制移行に追い込まれたのを発端に、インドネシアや韓国なども通貨が大幅に下落した。アジア各国で銀行や民間企業の破綻が相次ぎ、深刻な景気後退に見舞われた。タイ、インドネシア、韓国は、国際通貨基金(IMF)の支援を受けた。バーツ急落は、海外から流入した短期ドル資金による過剰な国内投資でバブルが生まれた一方、経常赤字の拡大でドル資金が流出に転じたためとされる。

  • ブレトンウッズ会議(2008年11月03日 朝刊)

    1944年7月、連合国44カ国が米国ニューハンプシャー州のブレトンウッズで会議を開き、第2次大戦後の新たな国際経済システムに関する協定を結んだ。国際通貨基金(IMF)と世界銀行の創設が柱で、IMF加盟国には緊急時の借り入れができる引き出し権が与えられ、為替は固定相場制が基本になった。協定に至る交渉では、英国のケインズが国際通貨バンコールの創設などを提案したが、最終的には米国案を中心に協定が成立。関税と貿易に関する一般協定(GATT)とともに、戦後の国際経済体制の基礎になった。IMFの特別引き出し権(SDR)は69年に設けられた。71年に米ニクソン政権が金とドルの交換を停止したことで、IMF・GATT体制は実質的に崩壊。主要国通貨の為替は変動相場制へ移行した。

最新ニュース

写真・図版

アフリカ「夢の街」に暗い影 原油値下がり、狂った歯車(2019/8/15)有料会員限定記事

 アフリカ各国で対中債務の増大が影を落としている。中国から最も多く融資を受けてきた産油国アンゴラ。資源価格の下落で、その返済計画はくるい出した。中国頼みに加え、資源依存の国家運営の問題があらわになった…[続きを読む]

国際通貨基金をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ