メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

土砂崩れ

全国の警報・注意報、雨雲の動き(リアルタイム更新)

情報提供:株式会社ウェザーニューズ注意報・警報

最新ニュース

写真・図版

(河田防災塾)薄れる危機感 安全過信「自分は大丈夫」(2018/11/14)

■洪水災害:中級編 昭和の三大台風は1934年の室戸台風、45年の枕崎台風、59年の伊勢湾台風。特に第2次大戦後の15年間は、水害の犠牲者が増えている。伊勢湾台風まで毎年のように1千人以上が亡くなった…[続きを読む]

関連キーワード

  • 中央自動車道の土砂崩れ(2017年12月25日 朝刊)

    8月18日午後9時半ごろ、瑞浪市釜戸町の中央道脇の斜面で土砂崩れが起き、車4台が巻き込まれて計6人が重軽傷を負った。土砂からは近くの陶磁器原料メーカー「丸釜釜戸陶料」が斜面に埋めていた産業廃棄物が含まれ、中央道や近くの川に白い汚泥が流出した。

  • 7・13水害(2014年07月10日 朝刊)

    2004年7月12日夜から13日にかけ、県内は停滞した梅雨前線が活発化し大雨に見舞われた。刈谷田川上流域の栃尾市(現長岡市栃尾地域)、五十嵐川上流域の下田村(現三条市)で24時間の降雨量が400ミリを超え、両河川を含む6河川11カ所で破堤。洪水や土砂崩れが相次ぎ、当時の21市46町31村中16市32町17村で、死者15人、重軽傷者82人、家屋全壊71棟などの被害が出た。

  • 山口県防府市の豪雨災害(2010年07月20日 朝刊)

    防府市では昨年7月21日朝から昼までに、7月の平年月間雨量にほぼ匹敵する230ミリ以上の激しい雨が降り、各地で土砂崩れなどが相次いだ。特別養護老人ホーム「ライフケア高砂」で7人の入所者が土砂に流され死亡するなど、計14人が犠牲となった。同市内ではその後亡くなった5人も「災害関連死」と認められた。これを含め、山口県内では死者計22人、重軽傷者計35人の被害が出た。

土砂崩れをコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】「音のカーテン」で騒音を遮断

    睡眠時や集中したい時に使える

  • 写真

    【&TRAVEL】豪華客船でショーを観劇

    現代風「鶴の恩返し」〈PR〉

  • 写真

    【&M】可士和氏「神は細部に宿る」

    今治タオル事業での新戦略

  • 写真

    【&w】安藤和津さんに聞く

    プラチナの魅力〈PR〉

  • 写真

    好書好日一条ゆかり、デビュー50年

    原動力は究極のナルシシズム

  • 写真

    WEBRONZA外国人労働者拡大の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPAN勅使川原三郎、ゼロに還る勇気

    プロとして表現し続けるために

  • 写真

    GLOBE+中国に学ぶ時代が来た?

    連載「創業@中国」

  • 写真

    sippoブログで見かけた柴犬

    やっぱり犬を飼いたい!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ