メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

在宅医療

関連キーワード

  • 在宅医療(2018年01月26日 朝刊)

    継続的な診療が必要で、自力での通院が難しくなった患者が利用できる。医師や看護師、薬剤師らが連携し、退院の支援から日常の療養支援、急変時の対応、みとりまでを担う。日常の療養では、医師が月2回ほど定期的に行う「訪問診療」が基本で、不定期に行う「往診」もある。

  • 在宅医療連携拠点事業(2015年03月28日 朝刊)

    横浜市が在宅医療の充実のために、2013年11月から、西区でスタートさせた。その後、実施する区を広げ、15年度中には戸塚、泉、栄を除く15区で事業が動く。拠点では、退院する高齢者への在宅医の紹介や、ケアマネジャーらへの医療的な助言などをする。各区の医師会にある訪問看護ステーションなどが実際の業務にあたる。背景には、団塊の世代が75歳以上になり、病院のベッドが足りなくなる「2025年問題」がある。市の推計では、25年の75歳以上人口は、13年の36万4千人から、58万6千人に増える。在宅医療を必要とする患者数は、1日あたり2800人(13年)から、5600人(25年)に倍増する見込みだ。

  • 在宅医療(2014年06月03日 朝刊)

    医療関係者が生活の場で行う医療。医師が計画に基づいて診療に行く「訪問診療」、患者の求めに応じて診療に行く「往診」のほか、看護師、歯科医師、薬剤師、リハビリ専門職なども訪れる。患者側の負担も含めて、費用は一般的に入院と外来の間の水準だ。1990年代から在宅医療についての診療報酬(診療や手術など医療サービスごとに決められた公定価格)が次第に引き上げられた。厚生労働省は在宅医療を担う医師を増やすため、06年に「在宅療養支援診療所」制度を創設。今年の診療報酬改定でも、急増する高齢者の在宅医療を地域の「かかりつけ医」に一層担ってもらう国の方針が示され、日本医師会も在宅医療を担うことは「かかりつけ医」の重要な役割とする。「24時間365日の往診体制の確保」などを満たす「在宅療養支援診療所」はいま全国で約1万4千カ所。

最新ニュース

写真・図版

医学部1年生が学ぶ地域医療 三重大「地域枠」の学生ら(2019/9/6)

 三重大学医学部医学科1年の学生が地域医療の現状を学ぶ教育実習が5日、三重県伊賀市柘植地区であった。市出身で夏休み中の学生4人が出席し、住民や開業医から地域の実情を聞いた。6日は地区の複数の福祉施設を…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ