メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

在宅起訴

関連キーワード

  • JR宝塚線脱線事故(2015年03月28日 朝刊)

    2005年4月25日午前9時18分ごろ、兵庫県尼崎市の宝塚線で快速電車が制限時速70キロの急カーブに約115キロで進入して脱線。107人が死亡、562人が負傷した。県警は08年9月、現場カーブが急曲線に付け替えられた1996年当時に鉄道本部長だった山崎正夫・元社長(71)ら10人を業務上過失致死傷容疑で書類送検した。山崎元社長だけが在宅起訴されたが、12年1月に一審で無罪が確定。遺族らに告訴され、不起訴処分となった井手正敬・元会長ら歴代社長3人については検察審査会の2度の議決を経て強制起訴。神戸地裁は13年9月に無罪を言い渡した。

  • エキスポランド・ジェットコースター死傷事故(2009年09月29日 朝刊)

    07年5月5日、立ち乗り型ジェットコースター「風神雷神2」の「風神号」が脱線して起きた。大阪府警は当時取締役のA被告ら3人を書類送検し、大阪地検が在宅起訴した。事故後、国土交通省の調査で、各地のジェットコースターの多くで安全点検の不備が判明し、検査制度が強化された。エキスポランドは客足が激減して閉園。経営会社は破産手続きを進めている。

  • 偽装献金事件(2010年10月19日 朝刊)

    鳩山前首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書に、故人の名前が献金者として記載されていることが昨年6月に発覚。実際は前首相自身や実母らからの資金にもかかわらず、総額約4億円を個人献金などと偽って収支報告書に記載した政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で、東京地検が元公設第1秘書を在宅起訴し、今年5月に禁固2年執行猶予3年の東京地裁判決が確定した。一方、前首相本人も共犯容疑で告発されたが、同地検は「関与がなかった」などとして不起訴処分に。検察審査会も4月に不起訴相当の議決を出した。

最新ニュース

写真・図版

内部通報者捜しの違法性認定 郵便局長団体の幹部らに賠償命令(2021/10/22)

 郵便局の内規違反を内部通報したことに対し、郵便局長でつくる団体の役員3人からパワーハラスメントを受けたとして、団体所属の郵便局長7人が総額2950万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁(松葉佐隆之裁…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「共感」が暴走する時代

    個人が意識すべきことは?

  • 写真

    【&Travel】老舗料亭の味、お取り寄せ

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&Travel】リビングのような夢の図書館

    フィンランドを旅して

  • 写真

    【&M】カリブ生まれ、味変自由自在

    口福のカレー「東京コロンボ」

  • 写真

    【&w】双子の妊娠がわかった矢先に

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日「アーモンド」作者の新作は

    自らの疎外感や焦りを投影

  • 写真

    論座底の抜けた社会を放置するな

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンファーロのトートバッグ

    ビジネスから週末の旅行まで

  • 写真

    Aging Gracefullyお洒落な暮らしの新基準

    ファッションや美容もサステナ

  • 写真

    GLOBE+ポニーテールをめぐる論争

    米メディアがあきれる結婚報道

  • 写真

    sippo帰国の飛行機で愛犬がけが

    かかりつけ医の大切さを知る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ