メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

在日朝鮮人

関連キーワード

  • 在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業(2009年12月15日 朝刊)

    日朝両政府の了解のもと、日本赤十字社と朝鮮赤十字会が実務を担った。1959年12月14日に新潟港から最初の帰還船が出航し、84年までに計9万3340人が船で北朝鮮に渡った。日本国籍を持つ配偶者と子ども計6679人も含まれ、うち日本人妻は1831人。97〜00年に3回行われた里帰り事業で、計43人が1週間ほど、日本に一時帰国したが、自由な往来は認められていない。

  • 在日朝鮮人の北朝鮮帰還事業(2016年10月19日 朝刊)

    日朝両国の赤十字が事業を進めた。最初の帰国船が出た1959年12月から84年までに、北朝鮮に渡ったのは9万3千人余。日本国籍を持つ配偶者や子ども約6600人も含まれた。在日朝鮮人が差別や貧困にさらされる中、当時の北朝鮮は「地上の楽園」と宣伝され、マスコミも帰還を後押しした。ところが「楽園」の現実は厳しかった。帰還した人の多くは苦しい生活を送ってきたとされ、自由な往来も認められていない。

  • 日本の脱北者受け入れ(2009年03月08日 朝刊)

    外務省によると、日本で暮らす脱北者は100人以上で、いずれも北朝鮮への「帰還事業」で渡航した日本人やその家族とされる。「帰還事業」は、在日朝鮮人らとその家族を北朝鮮へ帰還させることを目的に日朝の両赤十字が実施。期間中の1959〜84年に約9万3千人が北朝鮮に渡った。うち約6600人が日本国籍を有する夫や妻、その子どもら。同省などによると、90年代に入って北朝鮮から非公式に出国し、日本に帰国する脱北者が相次いだ。

最新ニュース

(評・舞台)シアターコクーン「泣くロミオと怒るジュリエット」 猥雑な世界、惨めで切ない愛(2020/2/20)有料記事

 シェークスピアの香(かぐわ)しい純愛悲劇を、鄭義信が日本の猥雑(わいざつ)な世界に置き換えて男優だけの配役で書き、演出した。美しいヴェローナの都ではなく、薄汚れた港町。運命に導かれる抒情(じょじょう…[続きを読む]

在日朝鮮人をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】箱根まで日帰りドライブ

    温泉を楽しむ女子旅〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】五十嵐カノア選手を大使に

    サーフィン発祥の地<PR>

  • 写真

    【&M】アカデミー賞結果を深掘り

    原田泰造×コトブキツカサ

  • 写真

    【&w】UAさんが大阪を疾走した日

    UA×友里 暮らしの音

  • 写真

    好書好日「看板建築」を探しに行こう

    約60件紹介「看板建築図鑑」

  • 写真

    論座消費増税とコロナと複合不況

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンイソップが新宿に新オープン

    CEOが語るブランディング

  • 写真

    T JAPANアンソニー・ウォンのいま

    『淪落の人』で新境地を披露

  • 写真

    GLOBE+進む少子化、中国に迫る危機

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo犬猫に快適な保護施設へ

    モデル松島花さんが取材

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ