メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地域医療

関連キーワード

  • 東金市と九十九里町による地域医療センターの県試案(2008年12月01日 朝刊)

    床面積は約2万5千平方メートル。診療科として内科、小児科、外科、脳神経外科、産婦人科など17科を予定。医師数は50人(うち4人は救急専従)。病床数314床。うち14床は3次救急を想定する「新型(小型)救命救急センター」への割り当て分だ。

  • 地域医療再生計画(2009年10月20日 朝刊)

    2次医療圏を基本に都道府県が策定した地域医療の再生計画を支援するため、国が全国94医療圏に各25億円を交付する。今年度補正予算で3100億円を計上した「地域医療再生臨時特例交付金」から10医療圏に100億円、84医療圏に25億円が配分される予定だったが、補正予算の見直しで750億円分減額された。

  • 東金九十九里地域医療センター(2010年03月09日 朝刊)

    3次救急患者を受け入れることができる救命救急センター(20床)を含む314床の総合病院となる。計画では22診療科で、医師が56人、看護師が286人となる予定。初年度の14年は病床数146床でスタートし、段階的に拡充する。

最新ニュース

写真・図版

患者情報を医療介護で共有、課題は 横浜で連携進む(2019/9/16)有料記事

 横浜市鶴見区の医療機関などが情報通信技術(ICT)を使って患者の医療情報を区内で共有する「サルビアねっと」が3月、運営を開始した。病院、医科や歯科の診療所、薬局、介護施設などが患者情報を共有すること…[続きを読む]

地域医療をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ