メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地方競馬

関連キーワード

  • 地方競馬組合(2010年09月12日 朝刊)

    笠松競馬を運営するため、県と、笠松、岐南両町が出資して1970年に設立された。管理者は広江正明・笠松町長が務め、組合議会議員は各自治体の議員から選ばれる。定数は県議が8人、笠松町議5人、岐南町議3人。事業利益の配分は県が19分の15、残りを2町で分ける。

  • 笠松競馬訴訟(2009年04月26日 朝刊)

    笠松競馬場(笠松町)の敷地の賃借料をめぐり、一部の地主86人が06年、競馬を運営する県地方競馬組合に土地の明け渡しや損害金の支払いなどを求め、岐阜地裁に起こした。一審の地裁判決は08年、競馬組合に土地の明け渡しなどを命じたが、競馬組合は名古屋高裁に控訴。和解協議は高裁の勧告で始まった。04年度の賃借料は1坪当たり年間2140円。競馬組合の運営悪化に伴い、05年度は固定資産税相当分の平均518円での契約となり、地主の収入は実質ゼロ。翌年度以降も、05年度の1.2倍しか払われなかった。

  • 笠松競馬(2013年10月28日 夕刊)

    1935年に開場。70年から岐阜県、笠松町、岐南町でつくる県地方競馬組合が運営している。中央競馬に転身した名馬オグリキャップがデビューした。28日現在、騎手17人、馬482頭。

最新ニュース

テーオーケインズV 競馬G1・チャンピオンズカップ 5日(2021/12/6)会員記事

 第22回は中京競馬場のダート左1800メートルに16頭が出走して行われ、1番人気のテーオーケインズ(牡〈おす〉4歳、栗東・高柳大輔厩舎〈きゅうしゃ〉)が2着に6馬身差をつける完勝で中央競馬のG1初勝…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】地元素材から栽培したパンを

    自然の中で味わう

  • 写真

    【&M】明かりが揺らめくランタン

    20名様にプレゼント

  • 写真

    【&Travel】エストニアからオーストリア

    EU圏内子連れママ旅

  • 写真

    【&M】個性豊かな麴たち

    発酵デザイナーの食国探訪

  • 写真

    【&w】がんばりやのお母さんへ

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日川原礫が語る20年の歩み

    「ソードアート・オンライン」

  • 写真

    論座中村吉右衛門の時代劇の軌跡

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン愛と感謝を添えて贈りたい 

    アルマーニのホリデーギフト

  • 写真

    Aging Gracefully色とりどりの社会に向けて

    「誰かの力に」と奔走すること

  • 写真

    GLOBE+「テロとの戦い」と自衛隊

    これからの構想と役割とは

  • 写真

    sippo譲渡希望者多数の子猫兄妹

    トライアル勝ち取るプレゼン術

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ