メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地質学

関連キーワード

  • 県技術委員会(2011年06月22日 朝刊)

    正式名称は「新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」。2002年に発覚した東京電力の「原発トラブル隠し」を受け、原発の安全管理について専門家が県に助言・指導するため翌年に設置された。現在、原子炉工学や地震工学、地質学が専門の研究者ら13人で構成している。

  • ユネスコ世界ジオパーク(2017年08月27日 朝刊)

    ジオパークはジオ「地球・大地」とパーク「公園」との組み合わせ。地層、岩石、地形、火山、断層など地質学的に価値がある場所で、自然と人間が関わり、新たな資源として地域振興に生かす事業。今年5月現在、世界35カ国127地域が認定されており、国内では洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、山陰海岸(鳥取県、兵庫県、京都府)、室戸(高知県)、島原半島(長崎県)、隠岐(島根県)、阿蘇(熊本県)、アポイ峠(北海道)の8地域が認定を受けている。

  • ユネスコ世界ジオパーク(2017年08月27日 朝刊)

    ジオパークはジオ「地球・大地」とパーク「公園」との組み合わせ。地層、岩石、地形、火山、断層など地質学的に価値がある場所で、自然と人間が関わり、新たな資源として地域振興に生かす事業。今年5月現在、世界35カ国127地域が認定されており、国内では洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、山陰海岸(鳥取県、兵庫県、京都府)、室戸(高知県)、島原半島(長崎県)、隠岐(島根県)、阿蘇(熊本県)、アポイ峠(北海道)の8地域が認定を受けている。

最新ニュース

写真・図版

茨城)宇宙誕生からいまの茨城へ、大地の成り立ちたどる(2020/2/25)

 水戸市を始め県内の「大地の成り立ち」を学べる特別展が、同市大町3丁目の市立博物館で開かれている。宇宙誕生からの地層の歴史を、古代生物の化石や地層のサンプルなど、関連資料約100点を展示して紹介してい…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】ジャンルを問わない名曲たち

    ドライブにおすすめの音楽

  • 写真

    【&TRAVEL】奈良国立博物館の特別展へ

    はなのたびたび旅日記

  • 写真

    【&M】自由なバンドORANGE RANGE

    19年間ライブをやり続ける理由

  • 写真

    【&w】ウニ。お好きですか?

    写真特集

  • 写真

    好書好日東方神起メンバーも読んだ本

    韓国発“努力しないススメ”

  • 写真

    論座新型コロナとガバナンス不全

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンパーカーの礎となった3カ条

    最高の評価を得てきた理由。

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第56回

  • 写真

    GLOBE+始まるか、ロシア経済の逆襲

    新内閣に高まる期待

  • 写真

    sippo妻がサプライズで買った子猫

    夫は激高し「捨てに行く」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ