メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

基本的人権

関連キーワード

  • 日本国憲法(2014年05月02日 朝刊)

    敗戦後、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官マッカーサー元帥から指示を受けた政府がGHQと折衝を重ねて草案を作成。議会が修正を加えた。1946年11月3日公布、47年5月3日施行。のちに公布日は文化の日、施行日は憲法記念日となった。前文と11章103条で構成。天皇を象徴とし、国民主権、基本的人権、戦争放棄、男女平等や表現の自由の保障、憲法が最高法規であることを規定した。

  • 在外選挙制度(2012年02月10日 朝刊)

    在日韓国人らが2004年、国政選挙権が認められないのは基本的人権の侵害と訴え、07年に韓国の憲法裁判所が違憲と判断。09年に公職選挙法改正案が可決され、4月の総選挙から導入される。日本の国立国会図書館の調べによると、在外選挙制度は日本、米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、イタリアなどにも設けられている。日本の場合、10年7月の参院選比例区では推定有権者約84万9千人に対し、実際に投票したのは3%だった。

  • 風俗業を巡る橋下氏の発言(2013年05月19日 朝刊)

    橋下氏は13日、沖縄県の米軍普天間飛行場で今月初めに司令官に会った際、米兵の性犯罪対策として「法律の範囲内で認められている中で、性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にあるわけだから、もっと真正面からそういう所(風俗業)を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできないじゃないですか」などと述べたことを明らかにした。これに対し、米国防総省の報道担当者は「ばかげている」と非難。橋下氏は16日、「不適切だったことは間違いない。米国のとらえ方とか宗教的な価値観とかそういうところで、そのワード(風俗業)を出すのは不適切だった」と認めた。一方で謝罪や発言撤回はせず、「(米国に)沖縄県民の基本的人権もしっかり認識してもらいたい」などと求めている。

最新ニュース

(月刊安心新聞plus)格差が広げるポピュリズム 専門家を「贅沢品」と敵視 神里達博(2020/11/20)会員記事

 波乱に満ちた米国大統領選挙が、どうやら決着を見た。とはいえ「大変なのはこれからだ」という点で、多くの識者の見解は一致している。米国内に生じた深刻な亀裂は、容易に解消するとも思えないからだ。 そんなト…[続きを読む]

基本的人権をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&M】酒が止まらなくなる!

    美味な和食と名物「へぎそば」

  • 写真

    【&TRAVEL】カフェで見た文字は…

    1日1旅

  • 写真

    【&M】トヨタの燃料電池車MIRAI

    新型プロトタイプ車に試乗

  • 写真

    【&w】窓からの眺めを生かして

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日ネガティブな自分を克服する

    ユーチューバー・エミリンさん

  • 写真

    論座徐正敏『日韓関係論草稿』

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン思いをひとつにする会食

    パエリアで狙う一体感

  • 写真

    T JAPAN魅惑のベトナムガイド

    食、ホテル、世界遺産も!

  • 写真

    GLOBE+若者のタトゥー人気を警戒

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippoコロナ禍で犬を迎えた方へ

    子犬は最初の1年が肝心

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ