メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

多摩区

関連キーワード

  • 生田浄水場(2009年10月21日 朝刊)

    川崎市多摩区生田1丁目にあり、用地面積は約16万5千平方メートル。多摩川伏流水を水源として1938(昭和13)年に通水を開始。現存する浄水場としては市内で最も古く、処理能力は上水道が1日10万立方メートル、工業用水道が同25万立方メートル。市の水道事業再構築計画では、16年度に廃止する予定だ。

  • 陸軍登戸研究所(2015年01月06日 朝刊)

    現在の川崎市多摩区に陸軍科学研究所登戸実験場として1937年に開設された。名称は何度か変わり、「陸軍登戸研究所」はその総称。敗戦時に施設は破壊され、資料も焼却されたが、地元の高校教諭らが元職員の証言を集め、風船爆弾の製造、細菌兵器の開発、毒物の合成など秘密性の高い兵器や軍事技術の研究をしていたことが明らかに。資料館によると、最盛期の44年には36ヘクタールの用地に約100棟の施設があり、1千人の所員がいたとされる。

最新ニュース

写真・図版

登下校時の安全、守るために 川崎児童殺傷から2年(2021/5/29)

 【神奈川】川崎市多摩区の路上で登校中の私立カリタス小学校の児童らが刃物で襲われ、2人が死亡、18人が重軽傷を負った事件は28日、発生から2年となった。学校では追悼ミサが行われ、現場で足を止め、手を合…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ