メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

多摩区

関連キーワード

  • 生田浄水場(2009年10月21日 朝刊)

    川崎市多摩区生田1丁目にあり、用地面積は約16万5千平方メートル。多摩川伏流水を水源として1938(昭和13)年に通水を開始。現存する浄水場としては市内で最も古く、処理能力は上水道が1日10万立方メートル、工業用水道が同25万立方メートル。市の水道事業再構築計画では、16年度に廃止する予定だ。

  • 陸軍登戸研究所(2015年01月06日 朝刊)

    現在の川崎市多摩区に陸軍科学研究所登戸実験場として1937年に開設された。名称は何度か変わり、「陸軍登戸研究所」はその総称。敗戦時に施設は破壊され、資料も焼却されたが、地元の高校教諭らが元職員の証言を集め、風船爆弾の製造、細菌兵器の開発、毒物の合成など秘密性の高い兵器や軍事技術の研究をしていたことが明らかに。資料館によると、最盛期の44年には36ヘクタールの用地に約100棟の施設があり、1千人の所員がいたとされる。

最新ニュース

写真・図版

輝く紅葉 川崎・生田緑地(2020/11/27)会員記事

 川崎市多摩区の生田緑地で紅葉が見ごろを迎えた。ドローンで上空から撮影すると、赤や黄色に彩られ、住宅街のすぐそばとは思えない風景が広がっていた。植えられているモミジやメタセコイアは、11月に入ってから…[続きを読む]

多摩区をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&M】遊び心をくすぐるワイナリー

    甲州「98WINEs」

  • 写真

    【&TRAVEL】自然とグルメの楽園チェジュ

    済州観光公社

  • 写真

    【&M】素材にこだわる南インド料理

    タミルナドゥ(東京・目黒)

  • 写真

    【&w】ジャムを炊きながらの妄想

    料理人・野村友里さん

  • 写真

    好書好日脱成長コミュニズムとは何か

    斎藤幸平さんのマルクス新解釈

  • 写真

    論座菅政権の逃げの政治の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗が綴る大人の物語

    「部長メシ」が持つ特別な意味

  • 写真

    T JAPAN巨匠写真家ニュートンの素顔

    女性の視点から描く

  • 写真

    GLOBE+モルドバ「鉄の女」が勝利

    ロシアの頭痛の種がまたひとつ

  • 写真

    sippo動物看護師の細やかな心配り

    犬や猫の不安をやわらげる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ