メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大分市

関連キーワード

  • 大分市のファーマーズカレッジ事業(2019年02月21日 朝刊)

    2016年に大分市が始めた。年齢制限はなく、市が推進する品目(ニラ・イチゴ・ピーマン・パセリ)の生産者のもとで研修▽年間1200時間以上の研修をおおむね1〜2年行う▽研修終了後は大分市で就農——などの要件を満たせば研修期間中、1人当たり年120万円が最長2年給付される。研修後は市の担当者から助言を受けながら農業計画をたて、5年後の年間農業所得が250万円以上になる見込みがあれば、就農開始後も、1人当たり年最大120万円の給付が最長3年続く。一方、農水省の「農業次世代人材投資事業」は原則として、研修段階では最長2年、就農開始後も最長5年、年最大150万円の給付があるが、現在の対象は就農予定時に原則45歳未満の人。募集の裾野を広げるため、来年度からは年齢制限を「50歳未満」に変更する。県などによると、国の事業に金銭的な支援を上乗せしている自治体は県内にほかにもあるが、大分市のように年齢制限がない独自の事業は「珍しい」という。事業についての問い合わせや就農についての相談は、大分市農政課(097・537・5628)へ。

  • 県立春日浦野球場(2008年06月28日 朝刊)

    48年、大分市王子北町の大分師範学校の跡地に建設された。グラウンドの広さは約1万2千平方メートルで、両翼88メートル(55年の改修工事後、94メートル)、中堅112メートル。全国選手権大会の大分大会のメーン球場だったが、80年に同市青葉町に新大分球場が建設されて以降、99年まで同大会のサブ会場として使用された。

  • 大分合同新聞社(2008年07月23日 朝刊)

    大分市内に本社がある創業122年の新聞社。大分県内で朝夕刊を発行し、朝刊発行部数は県内最多の公称約23万部。資本金1千万円、従業員約400人。

最新ニュース

写真・図版

避難所電源に電動車 日田市と大分三菱自動車など協定(2021/4/20)

 次世代エコカーのプラグインハイブリッド車を、大規模災害時などに大分県日田市へ無償貸与する協定を、市と三菱自動車や大分三菱自動車販売が結んだ。走行以外に「移動可能な蓄電池」として、避難所や福祉施設の非…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&TRAVEL】親子の絆 特別な一枚

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&TRAVEL】絶品ハンバーグ 愛され洋食

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】彩り鮮やかで野菜たっぷり

    ポンガラカレー(東京・赤坂)

  • 写真

    【&w】黒糖蒸しパンとチャイの味

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日「2021年本屋大賞」が決定

    DVや児童虐待を浮き彫りに

  • 写真

    論座憲法53条が死ぬとき

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジャケパンのコツとは?

    知っておきたいマナーを解説

  • 写真

    Aging Gracefullyマスク生活での肌の悩み

    目元ケア&リフトアップ

  • 写真

    GLOBE+塩谷舞さんのイベント募集中

    バズりをやめたら見えたもの

  • 写真

    sippo犬猫を見守れるペットカメラ

    首振り機能と行動ログが技あり

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ