メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大和市

関連キーワード

  • インドシナ難民と神奈川県(2009年03月27日 朝刊)

    75年のベトナム戦争終結後に社会主義体制になったベトナム、カンボジア、ラオスのインドシナ3国から、迫害を恐れたり国の将来に不安を持ったりした140万人以上が逃れて難民となった。日本政府は78年以降、約1万1千人のインドシナ難民の定住を認めた。難民事業本部によると、昨年3月時点のインドシナ難民定住者は9931人で、2番目に多い兵庫県の1613人を大きく上回る3603人が県内に在住。国連難民高等弁務官事務所駐日事務所などによると、大和市に難民事業本部の定住促進センターがあったことや県が県営住宅の入居資格制限の緩和措置をとったこと、自動車関連産業を中心に単純労働職場が多かったことなどが県内にインドシナ難民が多い理由だという。

  • 厚木基地(2012年04月28日 朝刊)

    旧日本海軍が航空基地として建設。戦後、米軍が接収した。1950年、朝鮮戦争を契機に滑走路が修復され、米海軍の基地となった。横須賀を母港とする第7艦隊の後方支援基地として、原子力空母ジョージ・ワシントンの艦載機約70機や、対潜哨戒機P3Cなどの拠点となっている。71年、滑走路、格納庫などの施設と航空管制圏が日本側に移され、海上自衛隊との共同使用となった。綾瀬市と大和市にまたがる500万平方メートルの敷地は、東京ディズニーランド約10個分。周辺は住宅密集地のため、騒音問題は深刻で、64年9月には大和市内の鉄工所に戦闘機が墜落し、5人が亡くなる事故も起きている。

最新ニュース

写真・図版

奈良)「幻のラムネ」と味覚糖がコラボ 誕生の背景は(2018/9/22)

 あまりの人気で入手困難。だから「幻のラムネ」と呼ばれるレインボーラムネ。奈良県生駒市の町工場・イコマ製菓本舗が作るこの菓子に、小粒版ができた。UHA味覚糖(大阪市)との共同開発。門外不出だった味が、…[続きを読む]

大和市をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】歯周病予防にも!

    電動歯ブラシはこれを選ぶ

  • 写真

    【&TRAVEL】「赤毛のアン」ゆかりの島へ

    プリンス・エドワード島

  • 写真

    【&M】土鍋で炊きたてご飯のランチ

    銀座米料亭 八代目儀兵衛

  • 写真

    【&w】人はなぜ人に暴力を振るうか

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ちょっと目線を上げて生きる

    高山都さん語る「美・食・姿」

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN新ブランドがこの秋、デビュー

    RUMIKOの新たな挑戦

  • 写真

    GLOBE+消える領土と闘う「王様」

    NYT世界の話題

  • 写真

    sippo元野良猫を家に向かえた

    その夜、猫は鳴きつづけた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ