メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大垣市

関連キーワード

  • 大垣市の升(2015年10月05日 朝刊)

    升の歴史は約1300年。現在、制作会社が5社ある大垣市は、全国生産量の約8割を占める。産業としての始まりは明治期。大橋さんが3代目社長を務める「大橋量器」も祖母が1950年に創業した。升の役割は「量り」から酒を飲む道具へと時代とともに変化。今ではインテリアとしての利用価値も高まっている。会社に併設した「枡工房ますや」では伝統的な升に加え、新しい形の升の展示、販売もしている。問い合わせは同社(0584・78・5468)。

  • 荒崎水害訴訟(2009年02月24日 朝刊)

    岐阜県大垣市荒崎地区で02年7月10〜11日、豪雨によって大谷川右岸の洗堰から水が越流し、234ヘクタールにわたって冠水。482戸が床上・床下浸水し、249人が避難した。あふれ出ると分かっていたのに十分な浸水対策をしてこなかったとして、住民ら約180人が04年8月、河川管理者の県を相手取り、損害賠償を求める訴訟を岐阜地裁に起こした。

  • 美濃国分寺跡(2009年06月23日 朝刊)

    奈良時代中期の741(天平13)年、聖武天皇が詔勅を出して全国に建立した国分寺の一つで、跡地が大垣市青野町にある。寺域は約200メートル四方。創建当時は七堂伽藍(がらん)を持ち、塔は七重だった。887(仁和3)年に焼け、その後再建されたが、たびたびの災害で堂塔は破損して廃れた。国史跡。

最新ニュース

写真・図版

岐阜)県岐阜商、7年ぶりV 秋季県高校野球(2019/9/29)

 第72回秋季岐阜県高校野球大会(県高校野球連盟主催)は28日、大野町の大野レインボースタジアムで決勝戦と3位決定戦があり、県岐阜商が優勝、大垣商が準優勝、大垣西が3位となり秋季東海地区大会の出場を決…[続きを読む]

大垣市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ