メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大山康晴

  • 大山康晴(おおやま・やすはる)  1923年3月13日生まれ。岡山県倉敷市出身。故・木見金治郎九段門下。
     40年にプロ四段。52年、第11期名人戦で木村義雄十四世名人を破って初の名人獲得。以来、5連覇して十五世名人の永世称号資格を得た。57年、「終生のライバル」である兄弟子・升田幸三実力制第四代名人にその座を奪われたが、2年後に奪還すると、ここから13連覇。加藤一二三、二上達也ら挑戦者たちを寄せ付けなかった。この間、62年には初の五冠王(名人・十段・王将・王位・棋聖)にもなり、「受けの達人」として一時代を築いた。「助からないと思っても助かっている」など、受けにまつわる名言も多い。
     名人通算18期は歴代最多。タイトル獲得数は2位の通算80期。十五世名人、永世十段、永世王位、永世棋聖、永世王将の五つの永世称号をもつ。
     76~89年に日本将棋連盟会長を務めた。東西の将棋会館の建設にも尽力した。90年には将棋界初の文化功労者。晩年はがんと闘いながらも現役を貫き、92年、A級在籍のまま69歳で死去。勝ち星は歴代1位の1433勝(781敗)。名人・A級に連続44期在籍も最長記録。

関連キーワード

  • 順位戦と永世名人(2009年03月07日 朝刊)

    順位戦はA級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の5クラスに分かれ、1年かけてリーグ戦で昇降級を競い、A級の優勝者が名人に挑戦する。約70年前に名人戦が始まってから、名人になったのは12人。通算5期獲得すると「永世名人」を名乗る資格を得る。これまで故木村義雄十四世名人は2度目に名人位を失った時に引退し、故大山康晴十五世名人はA級在位のまま死去した。00年に中原誠十六世名人(61)が初めて陥落して話題になったが、B級1組で2年指した後、順位戦に参加しないフリークラスに転出した。A級には現在、谷川九段のほかに、十八世名人の森内俊之九段(38)、十九世名人の羽生名人(38)がいる。

最新ニュース

写真・図版

谷川九段が1325勝、歴代単独3位に 将棋(2019/9/13)有料会員限定記事

 将棋の谷川浩司九段(57)が12日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第78期名人戦・B級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の5回戦で松尾歩(あゆむ)八段(39)に勝ち、歴代単独3位となる公…[続きを読む]

大山康晴をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ