メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大村秀章

関連キーワード

  • 東海3県の首長選挙で存在感(2014年05月18日 朝刊)

    公明党は創価学会を支持母体とし、一定の集票力がある。昨年の参院選比例区の得票は、愛知県で約40万9千(得票率13・6%)、岐阜県で約11万5千(13・4%)、三重県で約11万4千(13・7%)を数えた。地方選挙では首長選挙で存在感を見せる。2011年の愛知県知事選で大村秀章氏が公明党県本部に支持され、自民党県連推薦の候補らを破り初当選。三重県知事選では公明党県本部支持で自民党が推薦した鈴木英敬氏が初当選した。今年の岐阜市長選では、現職の細江茂光氏が自公両党の支持を受け接戦を制した。

  • ふるさと納税(2018年04月24日 朝刊)

    自治体間の税収格差是正を目的として2008年に始まった。故郷や応援したい自治体に寄付すると、寄付額から2千円を引いた額が住民税などから控除される。高所得者ほど控除される寄付額の上限が高い。県は返礼品を用意しておらず、16年度は県民税51億円以上が流出した。大村秀章知事は「一部のお金持ちだけが得をする。こんな制度必ずなくなる」と批判している。

最新ニュース

写真・図版

不自由展中止、作家ら招き10月に討論会 県知事が表明(2019/8/23)

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の企画展「表現の不自由展・その後」の中止を受け、芸術祭実行委員会の会長を務める大村秀章・愛知県知事は23日、展示中止とな…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ