メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

映画監督の大林宣彦さん死去

映画監督・大林宣彦

おおばやし・のぶひこ / 1938年生まれ
1977年 「HOUSE/ハウス」で商業映画進出
1982年 故郷・尾道を舞台にした「転校生」
83年 「時をかける少女」
85年 「さびしんぼう」 以上、尾道3部作
その他の作品 「ふたり」「あした」「あの、夏の日」など

【動画】大林宣彦監督「がんごときじゃ死ねない」 映画貫く厭戦(2019/7/14)

 世界が平和になるまで、僕は映画で「戦争は嫌だ」と伝えたい――。がんを公表後も映画を撮り続けている映画作家の大林宣彦さん(81)。戦争と広島原爆がテーマの新作完成を前に、戦時中の体験から作品に込めた思いを語った。[続きを読む]

写真・図版

【アーカイブ】(人生の贈りもの)映画作家・大林宣彦有料会員記事 (2019/1/1)

■(人生の贈りもの)映画作家・大林宣彦さん 74歳【2012年6月11~15日夕刊掲載】 「試練越えて咲かせた新しい映画」「音楽や映画とたわむれた少年時代」「テレビCMを量産、世界初にこだわり」「ほれぬいて撮った『尾道三部作』」「あと20年…[続きを読む]

写真・図版

(みちのものがたり)大林宣彦監督が歩いた道 広島県尾道市 敗戦少年の痛みを背負って(2018/5/26)有料会員記事

ふるさと尾道の記憶に残る道はどこか。映画監督の大林宣彦さん(80)が地図で指したのは意外な場所だった。 「僕が少年時代に日常的に見ていた、尾道らしい道は、今はまったく残っていないんですね。このあたり……[続きを読む]

最新ニュース

写真・図版

(惜別)大林宣彦さん 映画作家(2020/5/9)会員記事

 ■斬新な作品づくり、道切り開く 4月10日死去(肺がん) 82歳 この写真がすべてを物語っている。笑顔の大林さんを囲むのは、左手前から緒方明、高橋伴明、大森一樹、成田裕介、崔洋一、阪本順治の各監督。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ