メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大江健三郎

大江健三郎

2014年8月29日、「自選」を手にする大江健三郎さん=東京都世田谷区、早坂元興撮影

【おおえ・けんざぶろう】 1935年生まれ。作家。58年、『飼育』で芥川賞。67年、『万延元年のフットボール』で谷崎潤一郎賞。94年、ノーベル文学賞。著書に『取り替え子(チェンジリング)』『水死』『定義集』など。

「9条の精神壊すな」集会で演説

【動画】憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する集会が2014年4月8日夜、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開催された。
【動画】集団的自衛権行使容認の阻止をめざす「戦争をさせない1000人委員会」の集会が2014年3月20日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれ、主催者発表で約4千人が参加した

関連キーワード

  • 沖縄戦の集団自決(2013年06月21日 朝刊)

    太平洋戦争末期、1945年の沖縄戦で、米軍との地上戦が行われた慶良間諸島や沖縄本島各地で起きた住民の集団死。戦場で住民が持久戦の足手まといになると考えた日本軍は、「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓を広め、米軍上陸に備えて手投げ弾を配布。沖縄全域で少なくとも1千人近くが「集団自決」に追い込まれた。座間味島の海上挺身(ていしん)隊戦隊長だった男性らは2005年、住民に「自決」を命じたと大江健三郎さんの著作「沖縄ノート」で書かれ名誉を傷つけられたとして、大江さんと発行元の岩波書店を訴える裁判を起こした。最高裁は11年に原告の上告を退け、軍の関与を認めた大阪高裁判決が確定している。

最新ニュース

写真・図版

(福永信が薦める文庫この新刊!)「体験」を迫る戦争文学の大作(2018/7/21)

 (1)『レイテ戦記』(一)~(四) 大岡昇平著 中公文庫 各1296円 (2)『フランシス・ベイコン・インタヴュー』 デイヴィッド・シルヴェスター著 小林等訳 ちくま学芸文庫 1404円 (3)『は…[続きを読む]

大江健三郎をコトバンクで調べる

!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】イヤホンはコスパで選ぶ

    人気の完全ワイヤレス

  • 写真

    【&TRAVEL】和菓子の涼、京のカフェで

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】落合陽一さんの新著を語る

    宇野常寛さんインタビュー

  • 写真

    【&w】働き方はパタゴニアで覚えた

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日カッコいいリリックの源は?

    ラッパー仙人掌さんの読書術

  • 写真

    WEBRONZA国会から見えた平成政治の現状

    長期政権に厳しさを増す視線

  • 写真

    アエラスタイルマガジンダイエット前に知るべきこと

    動かない生活を変えてみる

  • 写真

    T JAPAN金剛流宗家の能面と能装束

    能楽師が魅せる、能面の力

  • 写真

    GLOBE+元投資家、教育改革に賭ける

    グローバル教育考

  • 写真

    sippoあれもこれも、みんなネコ

    写真家が撮った傑作写真24点

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ