メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大津地裁

関連キーワード

  • 大津地裁判決(2011年03月07日 朝刊)

    滋賀県が3委員会の行政委員に、勤務日数に関係なく毎月20万円前後の報酬を支給しているのは地方自治法に違反するとして、大津地裁が2009年1月、県に支出差し止めを命じた。翌年4月の大阪高裁判決もほぼ踏襲したが、1カ月あたり平均勤務日数が2・17日では「違没だが、5日弱なら「ただちに違法とは言えない」と指摘した。県側が上告している。

  • 障害者自立支援法をめぐる訴訟(2009年09月13日 朝刊)

    福祉サービスの利用に応じて原則1割の負担を求める障害者自立支援法は、憲法が定める「法の下の平等」に反するなどとして国と地方自治体に負担廃止や損害賠償などを求め、全国の障害者ら30人が08年10月、全国8地裁に一斉提訴。今年4月には第2次提訴があり、現在13地裁で原告63人が争っている。大津地裁では8人の原告が訴えている。

  • 湖東記念病院事件(2019年09月21日 朝刊)

    西山さんは2003年5月に男性患者(当時72)の呼吸器を外し、低酸素状態に陥らせて殺害したとして04年7月に逮捕、起訴された。捜査段階で「呼吸器を外した」と自供したが、05年11月の大津地裁の公判では一転して無罪を主張。大津地裁は西山さんの自白調書などを根拠に懲役12年の判決を言い渡した。西山さんは、その後も無罪を主張。大阪高裁に控訴したが06年10月に棄却された。07年5月には上告した最高裁でも棄却されて判決が確定し、17年8月まで服役した。一方で西山さんは服役中も無罪を訴えた。10年9月、大津地裁に1回目の再審請求。棄却されたため大阪高裁に即時抗告、最高裁に特別抗告したが認められなかった。12年9月に、大津地裁に2回目の再審請求をし、新証拠として「呼吸器が外されたとする3分間では心停止に至らない」などとする医師の意見書を提出したが棄却された。このため改めて大阪高裁に即時抗告。同高裁は17年12月、自然死だった可能性を指摘し再審開始を決定。自白を「警察官、検察官の誘導があり、迎合して供述した可能性がある」とし、犯人と認めるには「合理的な疑いが残る」と結論づけた。検察側は決定を不服として最高裁に特別抗告したが、最高裁は今年3月に高裁の判断を支持して再審を認めたことから、再審開始が確定した。

最新ニュース

再審無罪の女性、国賠提訴へ(2020/11/22)会員記事

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で死亡した男性患者への殺人罪で服役後、今年4月に裁判のやり直し(再審)で無罪が確定した元看護助手、西山美香さん(40)が、国と県を相手取り、当時の違法捜査を訴え、大津地裁…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&M】酒が止まらなくなる!

    美味な和食と名物「へぎそば」

  • 写真

    【&TRAVEL】カフェで見た文字は…

    1日1旅

  • 写真

    【&M】トヨタの燃料電池車MIRAI

    新型プロトタイプ車に試乗

  • 写真

    【&w】窓からの眺めを生かして

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日ネガティブな自分を克服する

    ユーチューバー・エミリンさん

  • 写真

    論座徐正敏『日韓関係論草稿』

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン思いをひとつにする会食

    パエリアで狙う一体感

  • 写真

    T JAPAN魅惑のベトナムガイド

    食、ホテル、世界遺産も!

  • 写真

    GLOBE+若者のタトゥー人気を警戒

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippoコロナ禍で犬を迎えた方へ

    子犬は最初の1年が肝心

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ