メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大田昌秀さん死去

大田昌秀

記者に囲まれて会場を出る大田昌秀沖縄県知事=1995年11月4日、都道府県会館で

写真・図版

大田元知事「沖縄」へ渾身の思い 晩年の直筆原稿展示(2018/6/13)

昨年6月に亡くなった元沖縄県知事の大田昌秀さん(享年92歳)が晩年に綴(つづ)った数百枚の直筆原稿が、那覇市の県立博物館・美術館で展示されている。著書の前書きや寄稿文などで、病に伏せる直前まで書き続けたものだ。手書きの文字には、渾身(こんしん)の力で「沖縄」を伝えようとした思いが込められ…[続きを読む]

写真・図版

米軍基地問題訴え続けた大田昌秀さん死去 元沖縄県知事 (2017/6/12)

沖縄の米軍基地問題を訴え続けた元沖縄県知事の大田昌秀(おおた・まさひで)さんが12日、呼吸不全と肺炎のため死去した。92歳だった。1995年に米兵による少女暴行事件が起きた当時の知事で、米軍用地の提供に必要な手続きを拒み、米軍普天間飛行場…[続きを読む]

誕生日に看取られ…平和貫いた生涯 大田昌秀さん死去(2017/6/13)

 沖縄戦を経験し、生涯、反戦を主張し続けた元沖縄県知事の大田昌秀さんが亡くなった。米軍の基地問題を訴え、知事時代は国とも激しくぶつかった。志半ばで逝った6月12日は、大田さんの92歳の誕生日でもあった。■沖縄戦の記憶、胸に 12日は誕生日で、病室に家族や琉球大…[続きを読む]

2016年12月、最後の取材に

大田元知事「負けても抵抗するしかない」 辺野古敗訴(2016/12/21)

沖縄県が政府と最高裁まで争って敗れるのは2度目だ。前回は、20年前の米軍用地の強制使用をめぐる「代理署名訴訟」。当時の知事、大田昌秀さん(91)は「今回も負けるとわかっていたが、沖縄にとっては意味があった」とみる。 知事だった1995年、…[続きを読む]

人生の贈りもの

沖縄の決断 証言・大田昌秀前知事

インタビュー

最新ニュース

[100]台風取材の難しさと意味を自問する(2018/9/5)

8月21日(火) 午前中「報道特集」の定例会議。その後、「沖縄タイムス」用の原稿を書く。翁長雄志さんへのレクイエム。台風がダブルで近づいている。何だかこのところ異常気象による台風、豪雨、酷暑などの移ろ…[続きを読む]

大田昌秀をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ガチっと押し込む感触も最高

    80年代デザインのラジカセ

  • 写真

    【&TRAVEL】パリ、無愛想な猫だが……

    1日1旅

  • 写真

    【&M】正月以外も使えるかるた

    爆笑誘う奇想天外な絵と言葉

  • 写真

    【&w】小さな家の生活日記が本に

    東京の台所 番外編

  • 写真

    好書好日禁じられたものに触れたい

    小説「出版禁止」第2弾刊行

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN4匹の猫と華麗なる共演。

    女性のための優美な機械式時計

  • 写真

    GLOBE+サウジNo1おむつは日本製

    女性だけの工場も現地に作った

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ