メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大腸菌

関連キーワード

  • 大腸菌O(オー)111(2011年05月02日 朝刊)

    食中毒の原因となる大腸菌の一つ。毒素によって出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群を引き起こす大腸菌を、腸管出血性大腸菌という。他にO157などがある。汚染食品を食べてからの潜伏期間は3〜5日で、激しい腹痛と血便が出る。抵抗力が弱い5歳以下の子どもや高齢者は症状が出やすい。

  • 腸管出血性大腸菌O(オー)157(2017年08月24日 朝刊)

    O157などの菌が口から体内に入ることで胃腸の病気が起きる。潜伏期間は3〜9日。主な症状は発熱や下裏腹痛、血便など。無症状のこともあるが、抵抗力の弱い人らは急性腎不全など溶血性尿毒症症候群(HUS)になり重症化することがある。菌は牛などの腸内に一般的にあり、水や食物を介したり、人から人へうつったりする。O157は感染力が強く、気温の低い時期も発生する。

  • 腸管出血性大腸菌O(オー)157(2017年08月24日 朝刊)

    O157などの菌が口から体内に入ることで胃腸の病気が起きる。潜伏期間は3〜9日。主な症状は発熱や下裏腹痛、血便など。無症状のこともあるが、抵抗力の弱い人らは急性腎不全など溶血性尿毒症症候群(HUS)になり重症化することがある。菌は牛などの腸内に一般的にあり、水や食物を介したり、人から人へうつったりする。O157は感染力が強く、気温の低い時期も発生する。

最新ニュース

写真・図版

薬が効かない耐性菌で死者1千万人? 抗菌薬をどう使う(2019/10/13)有料記事

 「風邪ですが念のため」。こんなふうな抗菌薬の処方の仕方が、急速に見直されてきています。抗菌薬は風邪に効かず、副作用のリスクがあります。さらに、不適切な使い方が世界的な脅威となっている耐性菌をうみ出し…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ