メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大船渡市

関連キーワード

  • チリ地震津波(2011年03月23日 夕刊)

    1960年5月、チリ近海で発生。太平洋を経て巨大な津波が日本を襲った。三陸海岸を中心に全国で142人の死者・行方不明者が出た。東日本大震災の被災地が被害を受け、宮城県旧志津川町(現・南三陸町)で41人、岩手県大船渡市で53人が犠牲になった。

  • 地域読書環境整備事業(2011年06月10日 朝刊)

    旧通産省の認可団体出版文化産業振興財団(JPIC)が、読書施設のない自治体を支援する目的で92〜96年に実施。公営書店は大分県耶馬渓町(現中津市)、岩手県三陸町(同大船渡市)、北海道礼文町、長野県北御牧村(同東御市)と飯舘村の計5店があったが、中津市が人口減と経営難、大船渡市が大震災でそれぞれ閉店。現在は3店になった。東御市も閉鎖を検討中という。

  • 被災地自主防災組織率(2012年02月23日 朝刊)

    岩手県大船渡市の震災前の組織率は74・2%だが、消防団や婦人会が実質的な役割を担い実態は100%。仙台市太白区・宮城野区はともに組織率9割超だが、都市部に近い住宅地で実態のない組織もあった。*次のシリーズのテーマは「企業防災」です。

最新ニュース

写真・図版

(ともに)サッカーJ1鹿島アカデミーアドバイザー・小笠原満男さん 東日本大震災9年目(2019/10/11)有料記事

 ■子どもたちに笑顔を、東北人魂かけて 地震発生から4、5日後くらいに家族とレンタカーで、妻の実家がある岩手県陸前高田市へ向かいました。生活必需品を買えるだけ買って、避難所や近所のお宅に持って行って。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ