メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大阪地裁

関連キーワード

  • FD改ざん 大阪地裁の認定内容(2011年04月13日 朝刊)

    前田元検事は2009年7月13日、厚生労働省の村木厚子元局長が郵便割引制度適用をめぐる偽の証明書発行事件に関与したとの見立てに合わせるため、FDに記録された偽証明書の最終更新日時を「04年6月1日」から「04年6月8日」に改ざんした。FDは元局長の元部下で、証明書の作成担当係長だった上村(かみむら)勉被告(41)=公判中=の自宅から元局長の逮捕前に押収されていた。前田元検事は特捜部が描いた筋書きとFD内の記録が整合しないと認識しながら、元局長を逮捕、起訴した。

  • 国家賠償請求訴訟(2011年01月21日 朝刊)

    公務員の業務中の不法行為で損害を受けたとする人が、国家賠償法1条に基づいて国や地方自治体の賠償責任を問う訴訟。郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子・厚生労働省元局長も、約3700万円の賠償を求めて提訴している。一方で誤認逮捕などで不当に身柄拘束された場合、刑事補償法に基づいて1日あたり1千〜1万2500円を請求でき、裁判所が金額を決める。大阪地裁所長襲撃事件で逮捕されるなどした5人は、14歳未満で刑事責任を問われなかった1人を除いて拘束期間に応じて約96万〜800万円(1日あたりはいずれも最高額)が支払われた。

  • 大阪空港公害訴訟(1〜5次)と選挙(2013年06月25日 朝刊)

    1969〜82年、豊中市と兵庫県川西市の住民約4千人が国を相手取り、午後9時〜午前7時の飛行差し止めなどを求めて大阪地裁に提訴(豊中は71年11月提訴)。1〜3次訴訟の一審判決(74年)は午後10時以降、二審判決(75年)は午後9時以降の離着陸原則禁止と、一部損害賠償を認めた。81年の最高裁判決は差し止めを「民事上の請求は不適没としたが、国は午後9時以降の運航を認めない「門限」を設けた。4、5次は84年、大阪地裁で損害賠償を認める和解が成立。国政選挙の大きな争点にはならなかったが、全国の反公害運動の先導役となった。

最新ニュース

写真・図版

リサイクル業者、キヤノンを提訴 「インク容器の仕様変更は違法」(2020/10/28)会員記事

 プリンターのインクカートリッジの仕様を変えられリサイクル品販売を違法に妨げられたとして、リサイクル品製造・販売業「エコリカ」(大阪)が27日、大手精密機器メーカー「キヤノン」(東京)に3千万円の損害…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】教室のデジタル機器利用率

    トップのデンマークの実情

  • 写真

    【&M】『夫のちんぽ』作家の幸福論

    「おしまいの地」での気付き

  • 写真

    【&TRAVEL】明智光秀がここに籠城?

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】平成生まれの昭和歌謡マニア

    町あかりが影響を受けた5曲

  • 写真

    【&w】行列のできる焼き菓子店

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日メンタル不調、回復する近道

    伊藤絵美さんの「セルフケア」

  • 写真

    論座トランプ再選の可能性は?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンカントリー調素材のブルゾン

    茶×黒の配色が洒脱。

  • 写真

    T JAPANスパイク・リー映画の本質

    初心者も見るべき9作品

  • 写真

    GLOBE+シラミは深海でも生きていた

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo保護した猫「ミー」を譲渡

    忘れようとした矢先戻ってきた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ