メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大阪市交通局

関連キーワード

  • 大阪市交通局の捏造リスト問題(2012年03月31日 朝刊)

    2月に職員1867人分の職員番号や氏名などが記載された文書の存在が表面化。「知人・友人紹介カード配布回収リスト」と題され、昨秋の市長選で、職員労組が平松邦夫前市長の後援会員集めを指示したとうかがわせる内容だった。しかし交通局の調査で今月、同局の非常勤嘱託職員が業務用データを流用して捏造したことが発覚。労組側は当初から関与を全面否定していた。

  • フェスティバルゲート(2013年07月10日 朝刊)

    1997年、大阪市交通局が市有地の運用を信託銀行に任せる土地信託事業として開業したが、04年に経営破綻。09年1月、マルハンが施設と土地を計14億2千万円で落札した。市の損失は189億1千万円にのぼる。

最新ニュース

写真・図版

子どもの泣き声、血だらけの人…シーサイドライン車内(2019/6/2)有料会員限定記事

 自動運転が特徴の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅(横浜市磯子区)で1日夜、列車が約25メートル逆走して車止めに衝突し、乗客らが重軽傷を負った事故。車内の乗客が混乱の様子を語った。 「列車…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ