メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大阪市北区

関連キーワード

  • 三笠フーズ(2008年09月07日 朝刊)

    1977年に現在の冬木三男社長が設立。大阪市北区に本社を置き、米穀類の製粉や加工、販売を主な業務とする。事故米を食用に転用した九州工場(福岡県筑前町)のほか豊中工場(大阪府豊中市)を所有し、九州で精米、穀粉を、豊中で炊飯・加工調理を分担している。米穀卸売会社「辰之巳」(東京都中央区)とグループ経営をしており、醸造メーカーやすし店チェーン、機内食会社などが主な販売先。社員は約30人。07年4月期の売り上げは約18億円。

  • 天神祭と渡御(2009年06月19日 夕刊)

    大阪天満宮(大阪市北区)の祭りで、日本三大祭りの一つ。千年以上の歴史があるとされ、宵宮の7月24日と、本宮の同25日の2日間にわたって催される。本宮では、菅原道真の神霊を載せたみこし行列が大阪市の中心部を練り歩く「陸渡御」に続き、飾り立てた約100隻の船がかねや太鼓を鳴らしながら大川を行き交う「船渡御」でクライマックスを迎える。

  • 天神橋筋商店街(2012年08月11日 朝刊)

    江戸時代に大阪天満宮の門前町として栄え、明治時代以降、いまの商店街の形に発展した。大阪市北区天神橋1丁目から7丁目まで長さ約2・6キロにわたり、「長さ日本一の商店街」とうたう。総菜屋や飲食店、洋服屋など幅広い業種の約600店が軒を連ねる。

最新ニュース

写真・図版

茶席を彩る唐物を堪能 大阪で展示(2019/7/16)有料記事

 茶の湯の歴史に唐物(からもの)は欠かせない。わびさびとは一線を画す舶来品のつややかさ。室町の大名や数寄(すき)者たちがあこがれた、海のかなたの中国陶磁器が、中之島香雪美術館(大阪市北区)の「茶席を彩…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】ドライブ中も目的地でも

    おすすめのおしゃれアイテム

  • 写真

    【&TRAVEL】釣果は上々、アユの友釣り

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】星乃あんりと歩く日比谷

    稲垣純也が撮る「街と彼女」

  • 写真

    【&w】甘酢っぱい夏の香りのサラダ

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日芥川賞ぜんぶ読んだ人

    直木賞すべて読んだ人と対談

  • 写真

    論座外国人の心をつかむポイント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン注目の女優・山口まゆ

    思い描く理想の男性像とは

  • 写真

    T JAPAN奇妙な色と形の現代アート

    新しい抽象芸術のかたち

  • 写真

    GLOBE+英語はパブで鍛えました

    連載「バイリンガルの作り方」

  • 写真

    sippo京都の河川敷に野犬急増

    捨て犬が繁殖か?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ