メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大阪市長

関連キーワード

  • 出直し大阪市長(2014年03月27日 朝刊)

    橋下徹市長が大阪都構想の議論を進めることの是非を問うため辞職し、実施された。23日に投開票され、橋下氏は37万7472票を得て再選を決めた。都構想に反対する主要政党が候補者の擁立を見送り、投票率は過去最低の23・59%に。無効票は過去最多の6万7506票(投票総数の13・53%)に上り、うち白票が4万5098票を占めた。

  • 学校選択制(2012年02月24日 朝刊)

    義務教育である小中学校は地域の学校に通うのが原則だったが、2000年代に東京都の各区で「保護者の意見を取り入れた特色ある学校づくり」を目指す規制緩和策の一環として導入が進み、全国に広がった。大阪では昨年11月のダブル選で橋下徹・大阪市長が「グローバル化に対応できる人材を育てるには学校の切磋琢磨(せっさたくま)が不可欠」と選択制導入を公約に掲げて当選。14年の実施をめざしている。

  • 最近の歴史認識発言(2013年06月28日 朝刊)

    安倍首相は4月、植民地支配と侵略への反省を表明した村山談話について「そのまま継承しているわけではない」「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と述べた。5月には自民党の高市早苗政調会長が「侵略という文言を入れているのはしっくりきていない」と村山談話を批判した。また、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は「慰安婦制度が必要なことは誰だってわかる」などと発言。同じ共同代表の石原慎太郎衆院議員は「あの戦争が侵略だと規定することは自虐でしかない。歴史に関しての無知」と述べている。

最新ニュース

写真・図版

「小泉さん残念」 松井氏、汚染水受け入れ可能性に言及(2019/9/17)

 小泉進次郎環境相が東京電力福島第一原発の処理済みの汚染水対策の所管は環境省でないとしたことについて、日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は17日、「将来、総理を期待されている人が『所管外だ』とか、…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ