メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大阪府警

関連キーワード

  • 大阪府警の暴言事件(2011年01月13日 朝刊)

    昨年9月、府警東署の警部補が、落とし物の財布を着服した疑いで男性を任意で取り調べた際、乱暴な言葉を浴びせたとされる。男性側は特別公務員暴行陵虐容疑などで告訴。先月、大阪区検が警部補を脅迫罪で略式起訴したが、大阪簡裁は正式な裁判を開くことを決めた。

  • 大阪府警の証拠品管理(2012年12月14日 朝刊)

    事件現場などから押収した証拠品は取扱簿を作成し、署内各課のロッカーなどで保管。1カ月後には、保存簿を作成して署内の倉庫に移す。重大事件の公訴時効撤廃の影響などで証拠品の増加が見込まれるため、府警は、証拠品を一括して管理する「証拠品管理センター」を新設した。

  • 大阪府警堺署の虚偽調書作成事件(2013年12月18日 朝刊)

    昨年12月2日、留置場で騒いだ男性の保護室への収容をめぐり、巡査長が殴られる公務執行妨害事件が発生。これについて(1)収容手続きが適切だったと装うため、上司の元警部補が指示して巡査長らの虚偽調書を作成(2)うそに気づいた刑事課員が元警部補の指示を隠した2通目の虚偽調書を作成。今年3月、巡査長らがこの虚偽調書に沿って男性の公判で偽証したとされる。

最新ニュース

写真・図版

重信房子元最高幹部が出所 被害者に「おわび」 日本赤軍(2022/5/28)

 1970年代を中心に世界中でさまざまなテロ事件を起こした過激派グループ「日本赤軍」の重信房子・元最高幹部(76)が28日、懲役20年の刑を終えて出所した。収容されていた施設の近くの公園で報道陣の取材…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】なぜ武勇伝を語りたがるのか

    会議のチカラ

  • 写真

    【&Travel】写ったのは薄れかけた記憶

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&Travel】日常と絶景のギャップが魅力

    神戸市・滝の茶屋駅

  • 写真

    【&M】サステイナビリティは砂ぼこりと共に

    Lorenzo STYLE

  • 写真

    【&w】先生の「大丈夫」に救われて

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日米ロ、情報戦争の100年

    プーチン氏、「不正工作」復活

  • 写真

    論座阿武町事件は警察の勇み足

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンソーシャルグッドな京都の旅

    現代とモダンのミックス

  • 写真

    Aging Gracefully明るさを仕込んでハリ肌へ

    仕込みで9割、ファンデは極薄

  • 写真

    GLOBE+消えたダーウィンのメモ帳

    22年前たって戻ってきた

  • 写真

    sippo猫の膀胱の病気は早期発見を

    飼い主がすぐできることは?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ