メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大阪狭山市

関連キーワード

  • 本人通知制度(2014年01月31日 朝刊)

    住民票の写しや戸籍謄本は本人や同一世帯の住民以外でも裁判や相続分野の手続きに使うなどの正当な理由があれば交付される。しかし行政書士や司法書士らによる不正取得が全国で相次ぎ、事件化される事例も出ている。こうした事態を受け、大阪府大阪狭山市が2009年に全国で初めて制度をつくった。事前に制度に登録した人の情報を第三者が取得すると本人に通知する「登録型」と、事件化されるなどして不正取得が発覚した場合に通知する「告知型」の2種類がある。

最新ニュース

写真・図版

近畿大医学部元教授を逮捕 経費1780万円詐取の疑い(2021/6/9)

 大学の経費を不正受給したとして、大阪府警は9日、近畿大医学部法医学教室の主任教授だった巽(たつみ)信二容疑者(66)=懲戒解雇、大阪市天王寺区=と、無職藤戸(ふじと)栄司容疑者(52)=大阪府東大阪…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ