メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大隅良典・東京工業大栄誉教授

花束を手に記者会見に臨む東工大栄誉教授の大隅良典さん(左)と妻の万里子さん=10月4日午前11時2分、横浜市緑区、林紗記撮影

1945年、福岡県生まれ。細胞自身が不要なたんぱく質を分解する仕組み「オートファジー」を分子レベルで解明した。ガードナー国際賞を受賞。

2016年のノーベル医学生理学賞の受賞が決定した。

大隅良典(おおすみ・よしのり)
1945年
福岡県生まれ
67年
東京大教養学部卒業
72年
東京大大学院理学系研究科博士課程単位取得退学
74年
同理学博士取得、米ロックフェラー大研究員
77年
東京大理学部助手
88年
東京大教養学部助教授
96年
岡崎国立共同研究機構(現自然科学研究機構)基礎生物学研究所教授
2005年
藤原賞
06年
日本学士院賞
09年
朝日賞、東京工業大特任教授
12年
京都賞
14年
東京工業大栄誉教授
15年
ガードナー国際賞、国際生物学賞、慶応医学賞

関連キーワード

  • オートファジー(2016年10月04日 朝刊)

    細胞が自分自身のたんぱく質を分解して、再利用する仕組み。酵母のような単細胞生物から哺乳類までに共通する生命現象。ギリシャ語の「オート(自分)」と「ファジー(食べる)」という言葉から命名された。細胞内をきれいにする作用や病原菌を排除する免疫の働きにも関わっており、パーキンソン病などの病気との関連でも研究が進んでいる。

最新ニュース

写真・図版

愛知)ル・マン優勝の中嶋一貴選手に岡崎市民栄誉賞(2018/7/12)

 世界最高峰の自動車耐久レース「ルマン24時間」で初優勝したトヨタのドライバーを務めた中嶋一貴選手(33)に11日、岡崎市民栄誉賞が贈られた。中嶋選手は「もっと高みを目指し、ドライバーとして成長してい…[続きを読む]

大隅良典をコトバンクで調べる

写真

  • 花束を手に、記念写真に収まる中嶋一貴選手(中央)=2018年7月11日午前11時40分、岡崎市役所
  • ほかの研究者からの引用数が世界トップ10%に入る論文数
  • 都内にある国立大の研究室では、研究予算が足りず、パソコンやプリンターをなかなか更新できないという
  • ノーベル賞受賞者の顕彰施設のイメージ(愛知県提供)
  • 講演する大隅良典さん=大磯町
  • 1年生約80人を前に話す会津大の成瀬継太郎教授(左)
  • ブレークスルー賞を受賞し、記者会見する森和俊・京都大教授=京都市の京都大
  • 「科学技術創造立国」という時代<デザイン・佐藤慧祐>
  • 「PD-1」の発見によって開発されたがん治療薬「オプジーボ」
!

朝日新聞デジタルヘッドラインの誤送信について

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ハン・ソロなりきり水鉄砲

    フォースと共に

  • 写真

    【&TRAVEL】サマルカンドからテルメズへ

    三蔵法師を巡るディープ旅

  • 写真

    【&M】高橋愛を支えきった新垣里沙

    モー娘。復権までの道のり

  • 写真

    【&w】前人未到の境地

    「草間彌生」展

  • 写真

    好書好日藤巻亮太の旅是好日

    サン=テグジュペリを想う

  • 写真

    WEBRONZA女性科学者の#Me Too

    学者として生き残った私の声

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジュラシックシリーズ最新作

    恐竜をめぐる重厚な人間ドラマ

  • 写真

    T JAPANイサム・ノグチの仕事を観る

    光や空間までも“彫刻”した男

  • 写真

    GLOBE+ロヒンギャの友と私の15年

    ミャンマーの故郷を訪ねる夢は

  • 写真

    sippo保護犬と住めるシェアハウス

    単身者も犬の飼育OK

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ