メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

天ぷら

関連キーワード

  • セルフうどん(2012年04月21日 朝刊)

    うどんの薬味や天ぷら、おにぎりを客自身が盛りつけるさぬきうどんの食べ方を採り入れたセルフサービスのうどん店。低価格だが味や品質にもこだわったチェーンの出店が全国で相次いでいる。トリドールの推定では、2010年のうどん・そば市場の規模は1兆745億円だが、売上高上位3社のシェアを合わせても1割に届かず、成長の余地がある。

  • ホンモロコ(2016年09月09日 朝刊)

    琵琶湖固有種の淡水魚だが、現在は各地の湖沼などで養殖されている。体長は約10センチ。関西ではなじみがあり、天ぷらや甘露煮、南蛮漬けとして人気。県内では年間約20トンが生産され、毎年10〜2月に出荷。県は「彩のもろこ」と名付けてブランド化を推進している。子持ちホンモロコは需要が高く、子持ちシシャモのような食感を楽しむことができる。

  • 大和当帰(2016年03月19日 朝刊)

    当帰はセリ科の多年草で、乾燥させた根は生薬として冷え性、血行障害などに効果があるとされ、漢方薬に配合されている。大和当帰は当帰の種類の一つで、五條市や吉野郡などで栽培されてきた。長年、葉は使われてこなかったが、2012年から葉の有効利用が注目されている。葉は深い緑色で、セロリのような香りが特長。「和ハーブ」として料理のアクセントや香り付けの用途で活用され、天ぷら、お茶、調味料、和洋菓子などが考案されている。

最新ニュース

写真・図版

女性支援塾の卒塾者がイチジクの料理開発(2021/10/22)

 女性の起業や再就職などを応援しようと、滋賀県草津市の市民団体と市が運営するチャレンジ応援塾「輝(き)☆業塾(ぎょうじゅく)」の卒塾生と名シェフが、草津産のイチジクを使った料理を開発した。「無花果(い…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】この男性が始めたことは

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】破綻しかけた夫婦の転居録

    東京の台所2

  • 写真

    【&Travel】焼失したかもしれない姫路城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】「共感」が暴走する時代

    個人が意識すべきことは?

  • 写真

    【&w】中華街で出合ったパエリア

    パリの外国ごはん

  • 写真

    好書好日文学に探る「ケア」の意味

    負担を分け合うフェミニズムへ

  • 写真

    論座政治の構造的問題と政権交代

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン最新号の先出しカット第一弾

    町田啓太が見つめるその先

  • 写真

    Aging Gracefullyおうちでピンチョスを楽しむ

    オンライン配信で料理講座

  • 写真

    GLOBE+震災で家族失い、ホームレス

    謎の投稿主あぶくま君に会う

  • 写真

    sippo犬や猫との別れ、どう弔う?

    考えておきたい、葬儀や火葬

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ