メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

天王寺区

関連キーワード

  • 一斗缶死体損壊・遺棄事件(2011年08月22日 朝刊)

    今月14日、大阪市天王寺区東高津(こうづ)町の東高津公園と西約100メートルの路上で切断された遺体の入った一斗缶2個を住民が発見。翌日、大阪市環境局が回収後に保管していた缶からも遺体が見つかった。遺体は頭と右足二つ、左足一つ、肩と背中、足の骨などで、少なくとも成人2人分とみられている。

  • 一斗缶死体遺棄事件(2011年08月26日 朝刊)

    今月14〜15日、大阪市天王寺区東高津町の公園や路上など3カ所に置かれていた一斗缶(容量18リットル)3個の中から、切断された遺体が相次いで見つかった。頭部や足、手首など、成人2人分だった。DNA鑑定で親子とわかり、家出人捜索願が出ていた、Xさんと長男Yさんが浮かんだ。大阪府警は22日、Xさんの夫、A容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。

  • 浪曲(2014年03月06日 夕刊)

    江戸後期から明治初期に確立した芸能。大阪で活躍した浪花伊助が開祖と伝えられ、浪花節と呼ばれた。三味線の伴奏で、「啖呵(たんか)」と呼ぶ人物のセリフやメロディーの「節(ふし)」で物語を感動的に伝える。浪曲は明治後期には大阪の親友派に所属する芸人だけで300人以上、寄席も各地にあったとされる。しかし、テレビの普及とともに、戦後は斜陽の一途をたどった。浪曲親友協会(大阪市)によれば、現役で舞台に立つ関西の浪曲師は約20人。一心寺南会所(同市天王寺区)で毎月3日間の寄席を開いているが、常設の寄席は大阪にはひとつもない。

最新ニュース

【関西初】ドイツの木のおもちゃに触れよう! Hape(ハペ)お披露目会&第1回ファンミーティング(入場無料:来場プレゼントあり)(2018/11/15)

リリース発行企業:ハペ・ジャパン株式会社ドイツ生まれの知育玩具Hape(ハペ)のおもちゃ約80点を実際に手にとって遊べる・学べる関西初の1Dayイベント ハペ・ジャパン株式会社(代表取締役社長:鈴木裕…[続きを読む]

天王寺区をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】「音のカーテン」で騒音を遮断

    睡眠時や集中したい時に使える

  • 写真

    【&TRAVEL】豪華客船でショーを観劇

    現代風「鶴の恩返し」〈PR〉

  • 写真

    【&M】可士和氏「神は細部に宿る」

    今治タオル事業での新戦略

  • 写真

    【&w】安藤和津さんに聞く

    プラチナの魅力〈PR〉

  • 写真

    好書好日一条ゆかり、デビュー50年

    原動力は究極のナルシシズム

  • 写真

    WEBRONZA外国人労働者拡大の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPAN勅使川原三郎、ゼロに還る勇気

    プロとして表現し続けるために

  • 写真

    GLOBE+中国に学ぶ時代が来た?

    連載「創業@中国」

  • 写真

    sippoブログで見かけた柴犬

    やっぱり犬を飼いたい!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ