メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

太宰府市

関連キーワード

  • 大野城跡(2010年08月14日 朝刊)

    663年の白村江の戦いで敗れた大和朝廷が、唐(中国)・新羅(朝鮮)連合軍の侵略から大宰府を守るため、亡命した百済(朝鮮)人の指揮・監督で665年に築造した日本最古の山城。大野城市を中心に太宰府市、宇美町にまたがる四王寺山に築かれ、土塁や石垣の総延長は8キロ。内側に食糧庫や武器庫など約70棟の建物跡が確認されている。1953年に国の特別史跡に指定された。大野城のように、「日本書紀」などの文献にある古代山城を朝鮮式山城と呼び、記載された11カ所のうち6カ所が確認されている。一方、文献にないのは神籠石系山城と呼ばれ、これまでに16カ所が確認されている。いずれも北部九州から近畿までの瀬戸内海沿いに点在している。

  • 歴史と文化の環境税(2010年10月22日 朝刊)

    歴史的な文化遺産や観光資源の保全・整備を図ろうと、太宰府市が2003年5月から、主に観光客向け有料駐車場の事業者を対象に課している法定外普通税。通称「駐車場税」。税額は駐車1回ごとに二輪車50円、乗用車100円、マイクロバス300円、大型バス500円。

  • 九州歴史資料館(2011年02月18日 夕刊)

    1973年、福岡県太宰府市に開館した同県の施設。大宰府史跡の調査などに携わってきたが、老朽化などのため、昨年11月、小郡市三沢に移転しリニューアルオープン。敷地面積は約3万5千平方メートル、のべ床面積約9千平方メートル。県内の文化財保護行政の拠点として調査研究活動を担うほか、展示機能も。図書閲覧室や研修室もある。西鉄三国が丘駅から遊歩道を通り、徒歩10分ほど。月曜休館(祝日の場合は翌日)。同館(0942・75・9575)。

最新ニュース

写真・図版

展覧会 マリオン(2021/5/11)会員記事

 ◆田原桂一 表現者たち 白の美術館 30日[日]までの[前]11時~[後]6時40分、東京・銀座1の7の7の3階、ポーラミュージアムアネックス。1970年代からフランスを拠点に活動した写真家(195…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「レクサスはつまらない」

    酷評された屈辱をバネに

  • 写真

    【&TRAVEL】コロナで人間関係シャッフル

    作家・赤坂真理さん語る

  • 写真

    【&Travel】バリ島の鮮やかな棚田や山寺

    ちょっと冒険ひとり旅

  • 写真

    【&M】<PR>

    父の日に贈りたい、素敵な装い

  • 写真

    【&w】コロナ禍で姉と夫を失った母

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日懐かしいお弁当を思い出す

    食べてる気分で楽しめる絵本

  • 写真

    論座コロナ禍の矛盾メッセージ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン忘れられないアスリートの涙

    柳川悠二

  • 写真

    Aging Gracefullyデュアルライフやリノベ

    働き方に合わせた新しい暮らし

  • 写真

    GLOBE+ポケモンGOを学問に応用

    沖縄の科学者、生物学で成果

  • 写真

    sippo「猫の楽園」青島のリアル

    迫りくる無人島化のとき

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ