メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

 大阪万博以来、48年の時を越えて鮮やかによみがえった「太陽の塔」の内部。3月19日の公開開始に合わせ、パノラマ動画、関連記事をまとめました。

【動画】「我々が岡本太郎になって」 太陽の塔内部、再生秘話(2018/3/19)

 48年ぶりに内部公開が始まった「太陽の塔」は、故岡本太郎が手がけた特殊な形状の展示物を、わずかな手がかりをもとに現代技術でよみがえらせた。1年半にわたる再生への道のりを振り返る。…[続きを読む]

VR動画で見る生命の樹(解説あり)

【VR動画】真っ赤な空間が広がる太陽の塔の内部。解説は内部展示プロダクトディレクターの並川恵一さん

生命の樹に配置された生物模型

写真

【グラフィック】太陽の塔の内部構造と生物模型の配置(2018/3/19)

 太陽の塔の中に立つ生命の樹。模型は292体あったが、再生事業に着手する時点では約70体しか残っていなかった。修復したり新たに作り直したりして183体を再生した。…[インフォグラフはこちら]

改修工事前の内部

写真

【グラフィック】太陽の塔は高さ70m、内部構造は?(2016/10/6)

 太陽の塔の中に立つ生命の樹。292体あった生物模型のうち現存するのは約70体で、今も取り付けられているのは30体ほどという。…[インフォグラフはこちら]

潜入!マンガ 太陽の塔

太陽の塔をバーチャルツアーで体験 マウスやタッチで動かしてみよう!

【パノラマ写真】耐震改修工事前に内部が公開された太陽の塔=2016年10月、高橋敦撮影
【動画】太陽の塔をスクリーンに映像を投影(2017/12/2)

関連キーワード

  • 大阪万博と太陽の塔(2010年01月15日 夕刊)

    正式名称は日本万国博覧会。1970年3月から半年間、大阪府吹田市で開かれた日本で最初の万国博覧会。会場跡地の万博記念公園にある太陽の塔には、頂上の「黄金の顔」、胴体中央の「太陽の顔」、その背面の「黒い太陽」の三つの顔があり、それぞれ未来、現在、過去を象徴している。

PR情報

最新ニュース

写真・図版

大阪万博、レガシーは残るか 開幕まで3年、姿見えない跡地利用(2022/4/14)

 2025年大阪・関西万博の開幕まで、13日であと3年となった。大阪湾に浮かぶ人工島・夢洲(ゆめしま)で、会場建設に向けた動きが本格化する中、万博の跡地利用の具体像は見えないままだ。かつて「負の遺産」…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】南蛮貿易の歴史感じる堺市

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&w】パティシエ出身シェフが作る

    地産地消の愛されパン

  • 写真

    【&Travel】地酒とミシュランの美食競演

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&M】覚悟して向かった赴任先

    宿舎のガーデンで出会った子猫

  • 写真

    【&w】食卓華やぐアクアパッツァ

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日広瀬すずが語る「流浪の月」

    自由、幸せへの思いを頼りに

  • 写真

    論座歴史的なフィリピン大統領選

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン在宅勤務での装い

    ソーシャルグッドな仕事服

  • 写真

    Aging Gracefully「サ活」の楽しさが広がる

    注目サウナスポット<後編>

  • 写真

    GLOBE+「ポケモンパン」大ブーム

    韓国で開店前から行列も

  • 写真

    sippo柴犬に伝わるほめ方・叱り方

    ほめるべき行動もチェック

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ