メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

夫婦別姓

関連キーワード

  • 夫婦別姓(2015年12月15日 朝刊)

    民法750条は「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫または妻の氏を称する」と規定している。現在、別姓を実践する夫婦は(1)結婚して戸籍上は同姓としたうえで結婚前の姓を「通称」として使用する(2)籍を入れずに「事実婚」とする——などの方法をとっている。1996年には、法相の諮問機関「法制審議会」が、希望する夫婦はそれぞれの姓を変えずに結婚できる「選択的夫婦別姓」を盛り込んだ民法改正案を答申したが、実現していない。

  • 選択的夫婦別姓制度(2011年03月02日 朝刊)

    結婚する際に夫婦同姓か夫婦別姓かを自由に選べる制度。民法750条は、夫か妻のどちらかの姓を名乗る「夫婦同氏原則」を定めており、新制度導入には民法改正が必要。1996年に民法改正案要綱に盛り込まれ、民主党への政権交代で推進派の期待は高まったが、実現していない。

  • 事実婚と選択的夫婦別姓制度(2010年12月01日 朝刊)

    事実婚は本人たちの意思で、婚姻届は出さずに共同生活を営む結婚の形。「籍を入れる」形を取らないため、夫婦別姓となる。男女平等や呼称の自由の観点から、婚姻時に同姓か別姓かを選べるようにする選択的夫婦別姓制度は、1996年に民法改正案要綱に盛り込まれ、国会内で議論されてきたが実現していない。

最新ニュース

茨城)夫婦別姓制度法制化へ意見書可決 取手県内2例目(2019/6/15)有料記事

 選択的夫婦別姓制度をめぐり、茨城県取手市議会が14日、国に制度導入を求める意見書を賛成多数で可決した。国会で議論が進まない中、全国各地の地方議会から法制化を求める動きが出ており、県内では今年3月に意…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ