メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

奈良国立博物館

  • 奈良国立博物館

    刀剣ブーム再来か 春日大社の至宝、一挙公開へ

     奈良・御蓋山のふもとにある春日大社は今年、創建1250年の節目を迎えた。記念の特別展「国宝 春日大社のすべて」が4月14日、奈良国立博物館で開幕する。朝廷から庶民まで広く信仰を集め続けてきた春日大社の歴史を、ゆかりの美術品や工芸品、文書など約220件でたどる。…[続きを読む]

■国宝 春日大社のすべて
◇4月14日[土]~6月10日[日]、奈良国立博物館(奈良市登大路町50)。月曜休館、ただし4月30日は開館。会期中に一部作品の展示替えがあります。
◇開館時間 午前9時30分~午後5時。[金][土]は午後7時まで。いずれも入館は閉館の30分前まで
◇一般1500円(前売り1300円)、大学生・高校生1000円(同800円)、中学生・小学生500円(同300円)。各種前売りは4月13日[金]まで主要プレイガイドなどで販売
◇問い合わせ 奈良国立博物館ハローダイヤル050・5542・8600
◇主催:奈良国立博物館、春日大社、朝日新聞社、NHK奈良放送局、NHKプラネット近畿、後援:文化庁、奈良県教育委員会、奈良市教育委員会、奈良テレビ放送、協賛:ダイキン工業、竹中工務店、天理時報社、福寿園、協力:日本香堂、仏教美術協会

PR情報

コラムで知る

関連ニュース

涼を求めて密集するシカ

厳しい残暑が続く奈良市では、夕方になると鹿が涼を求めて芝生などに密集する光景が注目を集めている。奈良国立博物館前の芝生では、100頭を超える鹿がどこからともなく集まり、おなかを地面につけて休息していた。…[続きを読む]

関連キーワード

  • 吉村順三(2010年08月05日 夕刊)

    東京美術学校(現東京芸術大)卒。国際文化会館(前川国男、坂倉準三と共同設計)で日本建築学会賞。奈良国立博物館、八ケ岳高原音楽堂などを手がけ、皇居の現宮殿の基本設計を担当した。日本の伝統建築の簡素さを生かした住宅でも知られる。長く母校で後進の指導にあたった。

最新ニュース

写真・図版

奈良)マスク姿で仏像供養 奈良国立博物館(2020/7/7)

 奈良国立博物館(奈良市)のなら仏像館で6日、安置されている仏像を供養する法要が営まれた。東大寺の狹川普文(ふもん)別当(住職)らマスク姿の約20人が、兵庫県小野市の浄土寺の阿弥陀如来立像の前で読経し…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ