メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

奥州市

関連キーワード

  • 岩手・宮城内陸地震(2013年06月15日 朝刊)

    2008年6月14日午前8時43分に発生。震源は県内陸南部の地下8キロ、マグニチュード(M)は7・2。奥州市などで震度6強、一関市などで同5強を記録した。県内では一関市と奥州市で死者2人、重軽傷者37人、住宅の全壊2棟、半壊4棟、一部損壊778棟の被害が出た。宮城県と合わせた被害は死者16人、行方不明者4人、重軽傷者402人。

  • ひょっとこ踊り(2010年12月16日 朝刊)

    岩手県奥州市の江刺地区に伝わる民話が、「ひょっとこ」の由来話として知られる。踊りは各地にあるが、宮崎県日向市の夏祭りには全国から約80連(踊り手約1600人)が集い、おもしろさを競う。中身は、美人のオカメに目を奪われるお稲荷さまや、若者たちのひょっとこが繰り広げる騒ぎぶりなどを表したもの。日向では1908(明治41)年に地元の眼科医が青年たちに教えて広まったという。「ピーヒョロ踊り」とも呼ばれる。

  • 南部鉄器(2016年04月08日 朝刊)

    盛岡市の南部鉄器は南部氏が盛岡城を築城した約400年前に始まった。鉄や粘土、漆などの材料が豊富で、歴代藩主が全国から鋳物師や釜師を呼び寄せ、鉄瓶などの制作を奨励した。昭和の戦時中は兵器の開発が優先され、鉄製品の生産が禁止されるなど危機に直面したが、戦後再興し、1975年に国から伝統的工芸品第1号に指定された。奥州市水沢区も盛岡と並ぶ産地。約900年前に奥州藤原氏が鋳物師を招き、主に日用品を製造したという。デザインや鋳型作り、溶解鉄の鋳込み、着色など50〜70の工程がある。

最新ニュース

医師確保へ奨学金増額、岩手・奥州市 「県内最高水準」(2019/8/20)有料記事

 岩手県奥州市は市立病院・診療所の医師確保のために設けている医学生を対象とした奨学金制度を見直し、貸付額を県内の自治体では最高額とすることを決めた。この制度が始まって13年目となるが、貸付金を受けて市…[続きを読む]

奥州市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ