メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

妊娠中絶

関連キーワード

  • 妊娠中絶をめぐる判例(2012年03月02日 朝刊)

    1973年、連邦最高裁は、妊娠中絶を禁じたテキサス州の法律を7対2で違憲とした。中絶を権利として認めたこの判例は、原告と被告の名前をとって「ロー対ウェード事件」と呼ばれる。中絶反対派は、現在も最終的にこの判決を覆すことを目指している。

  • チャウシェスク元大統領(2011年04月26日 朝刊)

    1965年にルーマニア共産党のトップとして権力を掌握し、74年に初代大統領に就任。ソ連と距離を置く独自の社会主義路線で、当初は西側諸国に歓迎されたが、しだいに独裁色を強めた。人口を増やすため妊娠中絶や離婚を原則禁じ、秘密警察による恐怖政治を敷いた。巨費を投じて巨大宮殿「国民の館」を建設する一方、対外債務返済のため極端な輸出政策をとり、日々の食料や燃料にも事欠くようになった。89年12月、反政府デモが全土に広がり、武力弾圧で多数の市民が犠牲に。逃亡を企てて捕らえられたチャウシェスク氏は、エレナ夫人と共に軍事裁判の末に銃殺された。

  • 引き揚げと性暴力(2016年08月17日 朝刊)

    戦後、引き揚げ者らの応急救護や検疫をするため、厚生省が京都府舞鶴市や長崎県佐世保市など全国11カ所に引揚援護局を開いた。福岡県にあった博多引揚援護局は1946年3月、現在の同県筑紫野市に引き揚げ女性のための治療施設「二日市保養所」を設置。当時、人工妊娠中絶は違法だったが、引き揚げ中に強姦(ごうかん)などを受け妊娠した女性の堕胎手術が行われた。博多引揚援護局史によると、46年3〜12月まで380人の患者がおり、そのうち強姦などで妊娠した人は218人いたとされる。

最新ニュース

写真・図版

女性の「痛み」、寄り添って 映画「セイント・フランシス」 主演・脚本、ケリー・オサリバン(2022/8/12)

 19日公開の映画「セイント・フランシス」は、中絶を経験した女性が傷ついた体を引きずりながら、6歳の少女や、少女の両親であるレズビアンカップルとの交流を通してささやかな光を見つける物語だ。女性が心身に…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「施主最高齢」の両親へ

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】女性がお茶を入れる会議

    なぜだめなのか

  • 写真

    【&Travel】緑豊か「最も住みやすい街」

    世界の街へ バージニア州

  • 写真

    【&M】僕の曲、鼻歌で歌ってほしい

    作詞家・いしわたり淳治さん

  • 写真

    【&w】まるで赤ちゃんのほっぺ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日中野好夫が憲法を「勉強」

    私費で日本人の憲法意識調査も

  • 写真

    論座非暴力抵抗こそが国民を守る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラルフ ローレン表参道に

    カフェトラック期間限定で登場

  • 写真

    Aging Gracefully岡村孝子さんインタビュー

    「今年も会えてよかった」

  • 写真

    GLOBE+「熱波は体をむしばむ」

    想像以上に大きい熱さの影響

  • 写真

    sippo財産を動物のために役立てる

    「遺贈寄付」という選択

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ