メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

姫路市

関連キーワード

  • 姫路市のJR姫路駅周辺整備事業計画(2015年04月16日 朝刊)

    JRの高架化や道路整備に合わせ、JR姫路駅周辺の約45ヘクタールを市が区画整理し、新たに「姫路の玄関口」をつくる計画で1988年に始まった。メインエリアはピオレ姫路や駅前広場などがある「エントランス」、商業施設やホテルなどが並ぶ「コア」、市の文化ホールなどがある「イベント」の三つのゾーンに分けて整備を進める。今年3月にエントランスゾーンの整備が完了。イベントゾーンは2011年に始まった基本計画検討懇話会が今年2月で終わり、6・6ヘクタールの敷地のうち西半分の文化ホールとコンベンション・展示施設の配置案が示された。東半分は今年度中に新たに懇話会を設け、高等教育研究機関をコンセプトに具体的利用を検討する。

  • 姫路市営モノレール(2016年08月04日 夕刊)

    66年5月、日本初の本格的な公営モノレールとして開業。総事業費は約14億円。全線単線で、姫路—手柄山間を約5分で結んだ。終点の手柄山駅には、今も当時の駅建物を改造した展示室がある。運行していた車両が展示され、全国各地から鉄道愛好家や産業遺産のファンらが訪れている。

  • 革かばん(2015年03月02日 朝刊)

    東京では浅草をはじめとする下町地区中心に工場が集まっている。隅田川付近には靴卸問屋街などもある。兵庫県豊岡市は、日本最大の革かばん生産地で、「豊岡鞄(かばん)」のブランド化に力を入れている。大阪市も全国有数のかばん生産地で、中でもランドセル生産が盛んだ。埼玉県草加市も環境にやさしい「エコレザー」に取り組んでいる。牛皮を牛革にする、なめし技術の国内水準は高く、特に兵庫県姫路市が知られている。

最新ニュース

写真・図版

5団体が関西へ 県吹奏楽コン(2022/8/9)

 第58回県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は最終日の7日、和歌山市の県民文化会館大ホールで高校B、高校A、中学A、大学B、職場・一般Aの5部門に計26団体が出場した。 高校A部門は向…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カレーから始まった恋

    東京の台所2

  • 写真

    【&M】変わりゆく「紳士」の定義

    Lorenzo STYLE

  • 写真

    【&TRAVEL】秋田の空を彩る花火への思い

    カメラは旅する

  • 写真

    【&M】自然とテクノロジーの融合

    ボルボ、チームラボのアート展

  • 写真

    【&w】「施主最高齢」の両親へ

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日なぜ「陰謀論」にハマるのか

    最新の研究から考える

  • 写真

    論座元首相銃撃 残った課題(上)

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界一のレストランはこの店

    ワールドレストラン開催!

  • 写真

    Aging Gracefullyアイケア&オーラルケア

    いつまでも若々しくいるために

  • 写真

    GLOBE+日本のNGOが存在感

    貢献の現場を見た

  • 写真

    sippo猫になるべく多くの居場所を

    猫が居心地のよい空間とは?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ