メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

学習障害

関連キーワード

  • 学習障害(2014年03月08日 朝刊)

    発達障害の一つで、全般的には知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算するなどの能力のうち、特定の分野の習得や使用に困難を抱える。中枢神経系の機能障害が原因とみられ、環境的な要因は直接影響しないとされる。文部科学省が2012年に全国の公立小中学校を対象に調査したところ、通常学級に在籍する子どものうち、学習障害とみられる子どもは4.5%いた。

  • 学習障害(LD)(2013年05月25日 朝刊)

    発達障害の一種。読む、書く、計算などのうち、特定分野の習得が難しい。このうち読み書きに困難を抱える場合を読み書き障害(ディスレクシア)と呼ぶ。文部科学省の昨年の調査によると、全国の公立小中学校の通常学級に在籍する子のうち、「知的発達に遅れはないものの、読むまたは書くに著しい困難を示す子」は2・4%いた。

  • 広汎性発達障害(2013年01月12日 朝刊)

    発達障害者支援法で注意欠陥・多動性障害(ADHD)や学習障害(LD)とともに発達障害の一つに分類され、脳機能の障害とされる。対人関係が難しい、こだわりが強い、想像力が未熟、などの特徴があるとされている。

最新ニュース

熊谷恵子・著『アーレンシンドローム 光に鋭敏なために生きづらい子どもたち』株式会社幻冬舎ルネッサンス新社より2018年9月20日に発売!(2018/10/16)

「文字が動きだして読みづらい」「LED照明の下ではまぶしすぎて暮らせない」という子どもたちへの理解・対応を求める書アーレンシンドロームは、生まれながらに光の感受性が高いために起こる視知覚困難であり、パ…[続きを読む]

注目コンテンツ